『親バカ青春白書』“さくら”永野芽郁、艶やかな振袖姿公開

『親バカ青春白書』“さくら”永野芽郁、艶やかな振袖姿公開

日曜ドラマ『親バカ青春白書』第6話で振り袖姿を披露する永野芽郁(C)日本テレビ

俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と親子役で共演する日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)より、9月6日放送の第6話で永野演じるさくらが披露する振り袖姿が公開された。

 本作は、大学の同級生となった、たった2人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。ムロが、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”役、永野がその大事な箱入り娘、小比賀さくら役を務める。そして、さくらの恋人候補を中川大志、親友役を今田美桜、同級生を戸塚純貴、小野花梨が演じる。オリジナル脚本の統括と演出を務めるのは『今日から俺は!!劇場版』の福田雄一。

 主演のムロがメガホンをとることが発表され、今まで以上に話題となっている第6話では、大学2年生の冬休み、さくら(永野)たち5人が、それぞれ成人式に参加するか思い悩む姿が描かれる。さくらの母である幸子(新垣結衣)は、さくらを妊娠中だったため成人式には参加できなかったのだ。成人式に対して父・ガタロー(ムロ)と娘の思いとは。

 そんな第6話より、永野演じるさくらの振袖姿が公開。呉服屋で振袖を試着する場面カットでは、満面の笑顔でポーズをとる永野の表情が印象的な写真となっている。果たしてさくらは、成人式に参加出来るのか?

 日曜ドラマ『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。

関連記事(外部サイト)