“世界でいちばん貧しい”大統領と日本の関係を紐解く 感動ドキュメンタリー映画公開決定

“世界でいちばん貧しい”大統領と日本の関係を紐解く 感動ドキュメンタリー映画公開決定

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』場面写真(C) 2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会

第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカと日本の知られざる関係を捉えたドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』が、10月2日より公開されることが決定。併せて、ホセ・ムヒカと田部井一真監督のコメントが到着した。

 2010年から5年間、南米の小国ウルグアイの大統領を務めたムヒカは、収入の大半を寄付。公邸に住むことを拒み、愛妻と愛犬と共に小さな農場で質素な暮らしを続け、いつしか敬意を込めて“世界でいちばん貧しい大統領”と称されるようになった。また、2012年にブラジル・リオデジャネイロで開かれた国連会議で、ムヒカは先進国の大量消費社会を強く、しかし優しい口調で批判。その名スピーチはたくさんの言葉に翻訳され、日本では「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)という絵本にもなった。

 本作は、テレビ番組の取材でムヒカにインタビューした田部井監督が、その後も取材を重ね、彼の生き方や言葉に触れながら、ムヒカと日本の知られざる関係をひも解いていく感動のドキュメンタリー。今春、日本でも公開されたエミール・クストリッツァ監督によるドキュメンタリー『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』や、ムヒカの投獄生活を描いたNetflix映画『12年の長い夜』など、ムヒカの波乱万丈な人生を題材にした作品はすでにいくつかあるが、本作で田部井監督は自身にしか映せないムヒカの一面を捉えている。

 2012年にリオデジャネイロで開かれた国連会議でのスピーチがきっかけで、ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカを取材することになった田部井監督。ウルグアイへ渡った田部井監督は、一度も日本に訪れたことのないムヒカが、日本の歴史や文化にとても詳しく、尊敬していることに驚かされる。その後、田部井監督はその理由を突き止める為に何度もウルグアイへと渡り、大統領退任後のムヒカを取材。やがて絵本の出版社の協力を得て、彼の来日が実現する。

 コロナ禍により4月10日からの公開が延期され、約半年を経てようやく公開される運びとなった本作。今回の公開決定にあたり、ムヒカは「日本の皆さん! 世界は地獄のような状況ですが私はピンピンしていますよ。世界のおわりでもなんでもないし、やれることはたくさんある。希望を持ちましょう!」とポジティブなメッセージ。

 田部井監督は「5年ほど前、ムヒカが呟いた一言が心に残っています。『人と人が直接会って話す時間こそ、生きているということなんだよ』 公開が決まるまでの半年間、何気ない日常の風景がどれほど不確かで愛おしいものか実感する日々でした。今こそ1人でも多くの人に観て頂き、皆さんの声を受け取りに行きたいと思っています」と語っている。

 映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』は10月2日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)