『望み』“息子”岡田健史の顔に殴られた痕が 事件の前兆を予感させる場面カット公開

『望み』“息子”岡田健史の顔に殴られた痕が 事件の前兆を予感させる場面カット公開

映画『望み』に出演する岡田健史(C)2020「望み」製作委員会

俳優の堤真一が主演を務め、女優の石田ゆり子と夫婦役で初共演する映画『望み』より、夫婦の息子を演じる俳優の岡田健史を捉えた場面写真が解禁された。

 作家・雫井脩介による同名小説を実写化する本作は、誰もがうらやむ理想的な家族の日常が、息子の失踪をきっかけに一変するミステリー。堤が主人公の一級建築士・一登役、石田が妻・貴代美役、岡田が高校生の息子・規士役、清原果耶が中三の娘・雅をそれぞれ演じる。そのほか家族を取り巻く重要人物として、加藤雅也、市毛良枝、松田翔太、竜雷太らが出演。堤幸彦監督がメガホンをとり、脚本は奥寺佐渡子が担当する。

 建築家の石川一登(堤)とフリー校正者の妻・貴代美(石田)は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高一の息子・規士(岡田)と中三の娘・雅(清原)と共に幸せに暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来、遊び仲間が増え無断外泊が多くなっていた。一方高校受験を控えた雅は、一流校合格を目指し毎日塾通いに励んでいる。

 冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。さらには、もう一人殺されているという噂も広がる。父、母、妹それぞれの<望み>が交錯し…。

 今回解禁されたのは、長男の規士を演じた岡田を写した3点の場面写真。人気者だった規士は、怪我でサッカー選手になる夢を閉ざされ、夜遊びをするように。そんな規士が姿を消したその日、彼の友人が殺害される。家族想いの心優しい少年に、いったい何があったのか。写真では、岡田演じる規士がサッカーに真剣に打ち込む姿のほか、殴られた痕のある顔で複雑な表情を浮かべる、事件の前兆を予感させるような姿も捉えている。

 高校時代は野球部でキャッチャーとして活躍していた岡田が、サッカー少年を演じる本作。現在次々と話題作に起用される岡田について、堤監督は「16〜18歳の男の子の心理そのものを非常に的確に演じてくれました。親と対立しているからといって、心底拗ねてやさぐれているわけではなく、親が考える以上に他者に対する優しさや未来に対しての確信をもっている。そういう複雑なキャラをこの若さで演じきるとは今後が楽しみな俳優です」と絶賛。純粋だが芯の強さを感じさせる眼差しで、少年の心の深淵を演じ切った岡田に要注目だ。

 映画『望み』は10月9日より全国公開。

関連記事(外部サイト)