『私たちはどうかしている』横浜流星&鈴木伸之ら“奇跡の親子ショット”にファン歓喜

『私たちはどうかしている』横浜流星&鈴木伸之ら“奇跡の親子ショット”にファン歓喜

(左から)横浜流星、鈴木伸之 クランクイン!

女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がダブル主演を務めるドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式インスタグラムが10日にオフショットを公開。主演の1人である横浜と共演者の鈴木伸之らによる“奇跡の親子”ショットが公開されると、ファンからは「麗しい〜」「素敵です」などの声が相次いだ。

 公式インスタグラムが「オフショ公開!!本日はこちら」と公開したのは、横浜と鈴木、そして子役の森島律斗の3ショット。横浜は本作で老舗和菓子店「光月庵」の跡取り息子・高月椿を演じていて、鈴木はその椿の亡くなった父親・樹役として出演。そして森島は、回想シーンで椿の幼少期を演じている。

 ドラマの中では、横浜と鈴木・森島が顔を会わせることがないため、公式インスタグラムはこの3ショットを「#高月家の男前親子3人が」「?#夢の共演?」と表現している。

 この3ショットに、ファンからは「夢の共演!麗しい〜」「男前親子3人素敵です」「奇跡のスリーショットですね」といったコメントが集まっている。

 本作は、15年前に起こった老鋪和菓子店主人の殺害事件を巡り、“容疑者の娘”と“被害者の息子”が過酷な運命にほんろうされながらも引かれ合う姿を描くラブミステリー。原作は、講談社「BE・LOVE」にて連載中の安藤なつみの同名漫画。浜辺が、芯が強く、かれんで才能にあふれ、誰にも物おじしない和菓子職人・花岡七桜を演じている。

引用:ドラマ『私たちはどうかしている』公式インスタグラム(@watadou_ntv)

関連記事(外部サイト)