津田健次郎、『秘密結社 鷹の爪』特別動画で1人全役アフレコに挑戦

津田健次郎、『秘密結社 鷹の爪』特別動画で1人全役アフレコに挑戦

「もしも津田健次郎さんが鷹の爪の声優を1人でやってみたら 〜『怪人バトルリーグ編』〜」メインビジュアル(C)DLE

10月スタートするテレビアニメ『秘密結社 鷹の爪 〜ゴールデン・スペル〜』(TOKYO MXほか)の放送決定を記念し、「もしも津田健次郎さんが鷹の爪の声優を1人でやってみたら 〜『怪人バトルリーグ編』〜」特別動画が公開された。

 この企画は、もともと声優としては素人のFROGMANが1人で演じ分けていた『秘密結社 鷹の爪』のキャラクターたちを、プロの声優がやればもっとすごくなるのではないかという発想から誕生。これまで、野沢雅子、杉田智和、そして本作でも声優参加が決定している中田譲治も挑戦していた。今回、新たに「鷹の爪団」の声優として仲間入りする津田も、アニメ放送決定記念としてチャレンジすることになった。

 動画の内容は、中田が挑戦した「もしも中田譲治さんが鷹の爪の声優を1人でやってみたら〜『怪人モスキートー編』〜」と同様、完全新作のオリジナルストーリー。ステイホームが板につき、ダラダラしてばかりのデラックスファイター。部下に催促されてしぶしぶ「鷹の爪団」の様子を見にいくと、秘密基地では総統と吉田くんが怪人を従えて外出自粛中の戦闘訓練という体で編み出したターン制バトルゲーム「怪人バトルリーグ」を繰り広げていた。そこでデラックスファイターもレンタル怪人を使ってバトルに参戦するが…。

 津田が演じるのは、総統、吉田くん、デラックスファイターなどいつものメンバーに、ひと癖もふた癖もある怪人たちを加えた総勢14キャラ。今まで見たことがない演技を披露するだけでなく、過去に津田が演じたキャラクターたちのパロディーなのでは!? という内容も含まれており、「鷹の爪団」ファンにも津田ファンにも楽しめる内容に仕上がっている。

 収録を終えた津田は「すごい自由な笑いの世界でやらせていただけることが、まず嬉しかったです。全キャラやるのは大変なことですし、ちょっとだけ緊張して何か面白いことやらなきゃと思っていました。でも、収録では本当に自由にやらせていただいて…(笑)本当にめちゃくちゃ楽しかったです」と笑顔でコメントした。

 アニメ『秘密結社 鷹の爪 〜ゴールデン・スペル〜』は、TOKYO MXにて10月4日より毎週日曜25時20分、BS11にて同日より毎週日曜25時、CSファミリー劇場にて同日より毎週日曜25時35分、J:テレ「アニおび」にて10月5日より毎週月曜25時放送。

関連記事(外部サイト)