玉城ティナ『極主夫道』出演決定 ドラマオリジナルキャラの女子大生役

玉城ティナ『極主夫道』出演決定 ドラマオリジナルキャラの女子大生役

日曜ドラマ『極主夫道』で純喫茶でアルバイトする女子大生・大前ゆかり役を演じる玉城ティナ(C)日本テレビ

俳優の玉木宏が元極道の専業主夫役で主演を務める10月11日スタートのドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、女優・モデルの玉城ティナが出演することが発表された。玉城はゴールデン・プライム帯連続ドラマのレギュラー出演は初となる。

 おおのこうすけによる同名漫画(新潮社「くらげバンチ」連載中)をドラマ化する本作は、極道から転身した史上最強の主夫の奮闘を描く、仁義なきヒューマン任侠コメディー。主人公・龍を玉木、龍の妻・美久を川口春奈、龍の元舎弟・雅を志尊淳がそれぞれ演じる。

 玉城が演じるのは、ドラマオリジナルキャラクターの、純喫茶でアルバイトをする女子大生・大前ゆかり役。ゆかりはこわもての龍にも物おじせずに接していく。

 ゴールデン・プライム帯連続ドラマのレギュラー出演は初めてとなる玉城は「ゆかりは原作には出ていないのですが、ドラマをさらに面白くするスパイスとなれるよう、ゆかりという役を演じられればいいなと思います」と意気込む。

 ゆかりのキャラクターについては「ゆかりは、周りからは言動がストレートすぎる様に見えてしまうかもしれないのですが、自分の道を真っすぐ進んでいるだけなんです。人の顔色を伺うというより、自分の信念に基づいて生きている女の子かなと思います」と話している。

 ドラマ『極主夫道』は、読売テレビ・日本テレビ系にて10月11日より毎週日曜22時30分放送。

関連記事(外部サイト)