『半沢直樹』“半沢”堺雅人、“箕部”柄本明への驚きの行動にネット騒然(ネタバレあり)

『半沢直樹』“半沢”堺雅人、“箕部”柄本明への驚きの行動にネット騒然(ネタバレあり)

日曜劇場『半沢直樹』第8話場面写真(C)TBS

俳優の堺雅人が主演を務めるドラマ『半沢直樹』(TBS系/毎週日曜21時)の第8話が13日に放送され、半沢(堺)が“政界のドン”こと箕部(柄本明)と対峙するシーンでの行動に、ネット上には驚きの声が殺到した。(以下ネタバレを含みます。ご了承の上お読みください)

 半沢は、常務の紀本(段田安則)と与党・進政党の幹事長・箕部(柄本明)の具体的な繋がりを探り始める。事実を究明するため大和田(香川照之)と再び手を組んだ半沢は、箕部が旧東京第一銀行から20億円を無担保で融資されていた事実を知る。

 そして半沢は、産業中央銀行と合併する前の東京第一銀行で反社会的勢力への融資や政治家と癒着した実態不明の融資があったことを聞きつける。そこで半沢は当時の東京第一銀行の副頭取で、数々の実態不明の融資に関わっていたと噂され、10年前にその全ての責任を背負い自殺した牧野(山本亨)の存在に行き着く。

 箕部への融資について調べを進めていた半沢と大和田は、疑惑の張本人である箕部に呼び出される。箕部は半沢と大和田に20億の融資に不正はなかったと説明。説明に納得できない半沢に対して箕部は、自殺した牧野が不正融資を行ったと噂のあった企業から高額な見返りを受けていた証拠を突きつける。そして箕部はこの証拠を公表することと東京中央銀行への業務停止命令をチラつかせる。

 大和田が頭を下げて謝罪するが半沢は動かない。そんな半沢に箕部は飄々と「君はどうなんだ?」と問いかけると、それまでの穏やかなトーンから一転し「どうなんだぁぁぁ!?」と凄んでみせる。箕部が半沢に対して牙を剥いた姿に、ネット上には「さすが伊達じゃない親玉…」「えええ箕部強すぎる」「幹事長こえぇぇぇ…」といったコメントが集まった。

 そして箕部が金融庁長官に電話をし「実は東京中央銀行のことなんだけど…」と話を進めようとした瞬間、半沢は観念したように「大変…失礼いたしました」と頭を下げる。この展開に、ネット上には「半沢陥落??」「半沢が謝罪しちゃった…」「えっ、頭を下げた?半沢負けた…?」などの投稿が相次いだ。

関連記事(外部サイト)