『極主夫道』玉木宏&川口春奈、“愛娘”と一緒の家族写真解禁

『極主夫道』玉木宏&川口春奈、“愛娘”と一緒の家族写真解禁

日曜ドラマ『極主夫道』家族写真(左から)川口春奈、白鳥玉季、玉木宏(C)読売テレビ

俳優の玉木宏が元極道の専業主夫役で主演を務める10月11日スタートのドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、白鳥玉季が主人公・龍(玉木)の娘役で出演することが発表された。併せて龍一家の家族写真も公開された。

 おおのこうすけによる同名漫画(新潮社「くらげバンチ」連載中)をドラマ化する本作は、極道から転身した史上最強の主夫の奮闘を描く、仁義なきヒューマン任侠コメディー。主人公・龍を玉木、龍の妻・美久を川口春奈、龍の元舎弟・雅を志尊淳がそれぞれ演じる。

 白鳥が演じるのは、ドラマオリジナル設定となる、龍の娘・向日葵役。おうち時間が増え、以前よりも家族で過ごすことが多くなった昨今。家族みんなで笑いながら見てほしいという制作サイドの思いのもと、原作サイドと相談し、世界観を壊すことなく龍の魅力を届けるべく、娘の設定を追加することとなった。

 アニメが大好きな一方、どこか大人びていて、しっかり者の向日葵。龍と美久との3人のやりとりも見どころとなる。

 家族3人が集まる撮影初日、キャリアウーマンの美久役の川口は、秋らしい色合いのジャケットにパンツ姿で登場した。撮影するのは、キッチンに駆け込んできた美久に驚いた龍が叫び声を挙げ、これに美久が驚くというシーン。したがって「あー!」「おー!」と叫び合うのが、夫婦最初の掛け合いだ。カメラ位置を変えながら何度も撮影するうち、徐々に息が合ってくる玉木と川口。龍と美久の関係性を象徴するようなシーンとなった。

 美久が嵐のようにバタバタと去ると、今度は龍と向日葵のシーン。子役にして、多くの作品に出演歴を持つ白鳥。監督の指示にハキハキと応え、カットを積み重ねていく。撮影の合間に主演の玉木と雑談する様子は、まるで本当の親子のようだった。

 ドラマ『極主夫道』は、読売テレビ・日本テレビ系にて10月11日より毎週日曜22時30分放送。

関連記事(外部サイト)