『私たちはどうかしている』浜辺美波、新メイク&着物で雰囲気ガラリ「美しすぎる」と絶賛の声

『私たちはどうかしている』浜辺美波、新メイク&着物で雰囲気ガラリ「美しすぎる」と絶賛の声

ドラマ『私たちはどうかしている』第7話 場面カット(C)日本テレビ

女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がダブル主演する『私たちはどうかしている』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第7話が23日に放送。第6話での光月庵の火事から3年の月日が経ち、再び登場した七桜の姿に視聴者から「美しすぎる」の声が上がった。

 光月庵での火事から3年が経過し、七桜は「花がすみ」という自分の店を構えていた。再び登場した浜辺演じる七桜は、以前の柔らかなメイクや衣装の雰囲気から一転し、顔立ちがはっきりとしたメイクに、色鮮やかな着物を着こなし、大人の女性といった印象。椿(横浜)と再会し、髪を振りほどくシーンでは妖艶なほどの美しさを見せていた。

 浜辺も放送前に自身のツイッター(@MINAMI373HAMABE)で「七桜はメイクやお着物の雰囲気を変えて、また登場します」とつづっていた。

 視聴者からは、雰囲気のガラリと変わった浜辺に「濃いめの化粧めちゃくちゃ綺麗で美しいぃぃ〜!!」「かっこいい美人になってる…」「また一段と美しい」など絶賛の声が多数上がっている。

 『私たちはどうかしている』は次回ついに最終回。9月30日21時から2時間スペシャルで放送される。

関連記事(外部サイト)