“科学者”山崎賢人の絶望、覚醒、決意が感じられる『夏への扉』特報&ビジュアル解禁

“科学者”山崎賢人の絶望、覚醒、決意が感じられる『夏への扉』特報&ビジュアル解禁

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』ティザービジュアル(C)2021 「夏への扉」製作委員会

俳優の山崎賢人が主演を務める映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』の公開日が2021年2月19日に決定。併せて、山崎演じる時を超える科学者の絶望、覚醒、決意が感じられる特報が、ティザービジュアルと共に解禁された。

 1956年に米国で発表され、ハリウッドSF映画にも多大な影響を与えたロバート・A・ハインラインのタイムトラベル小説『夏への扉』を実写化する本作は、舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語を描く。

 主演の山崎が演じるのは、孤独な科学者・高倉宗一郎。だまされ奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しに行く。共演は、孤独に生きてきた宗一郎が家族のように大切に想う恩人の娘・璃子役に清原果耶、30年後に目覚めた宗一郎に力を貸すヒューマノイドロボット役に藤木直人。メガホンをとるのは、『フォルトゥナの瞳』などの三木孝浩監督。

 1995年、東京。科学者の高倉宗一郎は、尊敬する偉大な科学者であった亡き父の親友・松下の遺志を継いだプラズマ蓄電池や実用化ロボットの完成を目前に控えていた。愛猫のピートと、松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていたが、わなにはめられ、研究を奪われ会社も追われてしまう。さらに宗一郎は冷凍睡眠させられ、目が覚めた時、そこは2025年の東京だった―。ピートや璃子の死を知り、すべてを失ったと知る宗一郎だが、ヒューマノイドロボットのの力を借り、30年の時を超えて璃子を救おうと決意する―。

 特報は、将来を期待されている科学者・高倉宗一郎(山崎)がわなにはめられ、璃子(清原)や研究のすべてを失った上に冷凍睡眠させられる衝撃的な映像から始まり、「30年の時を超え未来を変えろ」のコピーとともに、ヒューマノイドロボット(藤木)と未来を変えようと奮闘する宗一郎の姿が描かれる。

 ティザービジュアルは、「30年の時を超える冒険が今、始まる――」のキャッチコピーに、強いまなざしで前を見据える宗一郎(山崎)、制服でほほ笑む璃子(清原)、無表情ながら宗一郎の愛猫ピートを抱くコントラストが絶妙なヒューマノイドロボット(藤木)で構築。冷凍睡眠させられている宗一郎の写真もあり、30年の時を超えるスペクタクルな冒険に期待が高まるポスターになっている。

 山崎、清原、藤木に続くフルキャストも発表された。宗一郎の婚約者・白石鈴役には夏菜、宗一郎の会社で共同経営者を担う松下和人役に眞島秀和、謎の鍵を握る男・佐藤太郎役にネプチューンの原田泰造、佐藤の妻みどり役に高梨臨、宗一郎が冷凍睡眠から目覚めた2025年で宗一郎にヒントを与える会社経営者で科学者の坪井強太役に浜野謙太、2025年で宗一郎を待ち続けていた物理学者・遠井教授役に田口トモロヲといった、多彩な顔ぶれが集結した。

 映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は2021年2月19日より全国公開。

関連記事(外部サイト)