松本まりか、新ドラマで田中圭の恋人役に「思いっきり“甘々”のやりとりをします」

松本まりか、新ドラマで田中圭の恋人役に「思いっきり“甘々”のやりとりをします」

ドラマ『先生を消す方程式。』で田中圭の恋人役を演じる松本まりか(C)テレビ朝日

女優の松本まりかが、10月31日スタートの田中圭主演ドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系/毎週土曜23時)に出演することがわかった。田中の恋人役を演じる松本は、「デートの場面では思いっきり“甘々”のやりとりをします(笑)」とコメントしている。

 本作は、鈴木おさむのオリジナル脚本による学園サスペンス。田中が“恐怖の進学校教師”という役柄で新境地に挑み、田中のほか、教師役で山田裕貴、保健室の先生役で奥山かずさ、さらに生徒役で森田想、久保田紗友、高橋侃、榊原有那、川瀬莉子、田中亨らの出演が発表されている。

 松本が演じるのは、田中演じる主人公・義澤経男の恋人で、同じく高校教師を職業とする前野静役で、義澤を深い愛情で包み込む女性という役どころ。

 義澤が赴任する3年D組は、親の権力を笠に着てクラスを牛耳る生徒たちが、ほかの生徒たちに命じて教師を追い詰め、壊れていく姿をゲームに興じるかのごとく楽しんできたクラス。そんな戦慄の教室で、義澤は強烈な笑顔を浮かべながら生徒を“指導”していくのだが、すでに一緒に暮らしている義澤は、静といるときはまったくの別人のようで、心の底から無邪気に笑い、恋人同士の穏やかで優しい会話を楽しむ様子が描かれる。

 松本は「デートの場面では思いっきり“甘々”のやりとりをします(笑)」と語り、緊張感が漂う物語の中、恋人たちのやりとりがほっと一息つくようなシーンもあるという。しかし、義澤には生徒からの魔の手が迫ると、義澤はもちろん、静も無事でいられるのか、まさか彼女の身にも危険が!? 彼女が義澤と生徒たちの壮絶なバトルにどう関わっていくのかにも注目だ。

 鈴木おさむ脚本の連続ドラマに出演するのは『奪い愛、夏』(ABEMA/2019年)に続いて2作目となる松本は、「脚本が鈴木おさむさんですから一筋縄ではいかないでしょうし、たくさんの仕掛けがあるだろうな、と思いました」と語る。

 役柄については、「私にとっても静は初めての役柄というか、ポジションの役になります」と明かすと、「私には“動”のイメージがあるかもしれませんが、静は名前どおり静かな部分もあります」と分析。「女優としてある意味初めて設定に挑戦させていただいています。作品自体、驚きの連続で何が起こるかわかりませんし、静の身にもどんな出来事が待ち受けているのか予想がつきません。とはいえ、“見て損はありません!”ということだけはお伝えします」とメッセージを寄せている。

 土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』は、テレビ朝日系にて10月31日より毎週土曜23時放送。

関連記事(外部サイト)