『DIVER‐特殊潜入班‐』第3話 謎の連続誘拐事件が勃発 “伊達”安藤政信の娘にも魔の手が

『DIVER‐特殊潜入班‐』第3話 謎の連続誘拐事件が勃発 “伊達”安藤政信の娘にも魔の手が

ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』第3話より(C)カンテレ

俳優の福士蒼汰が主演を務める5週連続特別ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第3話が、今夜6日放送。謎の連続誘拐事件が勃発し、潜入捜査官チームの班長である伊達(安藤政信)のひとり娘にも魔の手が忍び寄る。

 本作は、「グランドジャンプ」(集英社)に連載されていた大沢俊太郎による人気漫画『DIVER‐組対潜入班‐』をドラマ化し、潜入捜査官をテーマにしたノンストップサスペンス。主演の福士がダークヒーローとなり、時に暴力的に、時に冷徹に、犯罪者に立ち向かう。潜入捜査官チーム(通称“D班”)の班長に安藤、メンバーとして野村周平、浜野謙太、片瀬那奈が出演する。

 神戸の中華街で、男が背後から何者かに刺されて死亡した。被害者の飯島洋介(梅原勇輝)は、8年前、遊ぶ金欲しさに高級住宅街に住む女性と幼い子どもを殺害。

 当時、警視庁で捜査の指揮をとっていた伊達(安藤)が飯島を逮捕したが、飯島の親族が警察関係者の天下り先企業の重役であることから、警察は殺人の証拠を捏造(ねつぞう)。飯島は減刑されていた。 飯島がなぜ殺されたのか、一抹の不安を抱いている伊達のもとに、「8年前の事件関係者の家族が相次いで誘拐されている」と情報が入る。

 D班のホワイトハッカー・宮永壮一(浜野)が調べたところ、判決を下した裁判官、減刑に導いた弁護士、そして真実を隠蔽(いんぺい)した警察に対し、闇サイトで高額な懸賞金がかかっているという。

 そして、ターゲットとして伊達の名前も挙げられていた。ひとり娘の亜紀(宮野陽名)の身にも危険が迫っていると伊達が警察による警護を望むも、阿久津(りょう)は、「証拠がない」と非協力的な態度を見せる。警察が事件の捜査に動き出すだけの証拠を見つけるようD班に命じるが、兵悟(福士)は、「あんたの個人的な騒動に巻き込まれるなんてごめんだ」と協力を拒否。そんな中、覆面男たちが伊達の家を襲い…。

 また、今回第3話では、ドラマ公式ツイッターでリアルタイム視聴者参加型企画として「#ドラマDIVERに質問」企画を実施。放送開始の21時から22時20分までの80分間、第3話に関する質問を募集。「#ドラマDIVERに質問」のハッシュタグをつけたツイートの中から選ばれた質問に対し、キャストが公式Twitter上で回答していく(回答は翌日予定)。

 ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』第3話は、カンテレ・フジテレビ系にて10月6日21時放送。

関連記事(外部サイト)