関水渚、撮り下ろしの「エモい写真」 グラビアで“大人の魅力”

関水渚、撮り下ろしの「エモい写真」 グラビアで“大人の魅力”

関水渚(C)光文社/週刊FLASH 写真◎矢西誠二

女優の関水渚が、週刊「FLASH」10月6日発売号に登場。同誌では2年半ぶりとなる撮り下ろしグラビアで、一段と大人っぽくなった表情を見せている。

 関水は、1998年6月5日生まれ、神奈川県出身の22歳。「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」にてファイナリストに選出され、映画『町田くんの世界』(2019)で女優デビュー。

 金曜ドラマ『キワドい2人‐K2‐池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系/毎週金曜22時)のヒロイン役として活躍中の関水渚を、「FLASH」が2年半ぶりに撮りおろし。新人女優ながら、映画『カイジ ファイナルゲーム』(2019)や公開中の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』など話題作に出演する関水。「写真のお仕事は緊張します」と話す彼女だが、デビュー当時と比べると、堂々とカメラの前に立つ姿は印象的で、表情も一段とオトナっぽくなった。そんな彼女の魅力が詰まった7ページだ。

 今回の撮影について関水は「写真のお仕事は今も緊張しますね。特に水着の撮影が慣れてなくて。でも、今回みたいに、水着ではないけど普段は着ない、露出がある衣装の撮影は楽しかったです。エモい写真が撮れたと思います」と振り返っている。

 女優の関水渚が登場する週刊「FLASH」10月6日発売号は光文社より6日発売。

関連記事(外部サイト)