『ゴジラ』完全新作TVアニメ制作決定 2021年4月放送スタート

『ゴジラ』完全新作TVアニメ制作決定 2021年4月放送スタート

テレビアニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』ロゴビジュアル(C)2020 TOHO CO., LTD.

『ゴジラ』の完全新作テレビアニメシリーズ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』が、TOKYO MXほかにて2021年4月より放送されることが決まった。Netflixでも日本先行で全世界独占配信される。

 『ゴジラ』のアニメーションとしては、2017、18年に『GODZILLA 怪獣惑星』『GODZILLA 決戦機動増殖都市』『GODZILLA 星を喰う者』の3部作が劇場公開されたが、今回の新シリーズは毎週放送のテレビアニメで、映画とは全く違う、新たなオリジナルストーリーとなっている。

 アニメーション制作は、『僕のヒーローアカデミア』など数々の傑作を世に送り出すスタジオ「ボンズ」と、『宝石の国』『BEASTARS<ビースターズ>』などのハイクオリティーCGアニメを手掛けてきた「オレンジ」がタッグを組み、手描きアニメとCGのハイブリッドで制作される。

 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の高橋敦史が監督を務め、SF小説家で芥川賞作家の円城塔がテレビアニメのシリーズ構成&全話脚本に初挑戦する。音楽は『弱虫ペダル』シリーズや数々の『映画ドラえもん』を盛り上げてきた沢田完。

 キャラクターデザイン原案は、集英社「ジャンプSQ.」で連載中の人気漫画『青の祓魔師』の作者・加藤和恵で、自身初となるアニメのキャラ原案に挑戦。怪獣デザインを手掛けるのは、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『風立ちぬ』など数々のスタジオジブリ作品に参加してきたアニメーターの山森英司。アニメの肝となるキャラクター、グラフィック面においても一線級のスタッフが集結した。

 高橋敦史監督は、「子供の頃雑誌で見たゴジラから逃げ惑う人々のエキストラ募集の記事、自分が映画に出れるかも!? 大勢の中でどうやって目立てばいいか演技プランを考えました。結局その夢は叶いませんでしたが今回ついにあの時の演技プランが報われるのかも知れません」とコメントしている。

 アニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』は、TOKYO MXほかにて2021年4月より放送。Netflixにて日本先行で全世界独占配信。

関連記事(外部サイト)