「ミスiD」ふぇりすみにょん、キュートな顔立ち&迫力バスト ギャップが魅力のグラビア

「ミスiD」ふぇりすみにょん、キュートな顔立ち&迫力バスト ギャップが魅力のグラビア

ふぇりすみにょんデジタル写真集『ラスト・バケーション』より 撮影:鈴木ゴータ

「ミスiD」デジタル写真集シリーズとして、「ミスiD2020」のふぇりすみにょんのデジタル写真集『ラスト・バケーション』が発売中。お人形のような顔立ちと迫力満点のバストのギャップの魅力がふんだんに盛り込まれている。

 2012年にスタートした「ミスiD」は、ルックスやスタイル重視のミスコン、アイドルコンテストとは違い、新しい時代をサバイブしていく多様な女の子のロールモデルを発掘するオーディション。iDはアイドルとアイデンティティ、そして i(私)と Diversity(多様性)を表す。これまでに玉城ティナ、“ゆうこす”こと菅本裕子、神スイングの稲村亜美、少年院出身という異色の経歴の持ち主の戦慄かなのなど、個性的なロールモデルを毎年輩出している。

 そんな「ミスiD」のデジタル写真集シリーズとして「ミスiD2020」ミクチャ賞を受賞したふぇりすみにょんのデジタル写真集が発売になった。コスプレイヤーやインフルエンサーとしても活躍するふぇりすみにょんは、お人形のようなキュートな顔立ちと迫力満点のバストのギャップが魅力。“お嬢様として育ったキミと過ごす最後の夏休み”をテーマに、ドラマチックなグラビアになった。

 今回の写真集についてふぇりすみは「撮影は朝早くて緊張もしていたんですが、周りのスタッフさんが話しかけてくださったりサポートしてくださったりしたおかげで、いい意味で緊張の抜けたというか、いい表情で撮れたかなっと思います」と振り返った。「メイクもかなり薄くてほとんどすっぴんみたいな(笑)。本当に普段見れないような、自然体で素な部分が魅力的な写真集になったと思います!」とアピールし「衣装は全部お気に入りで、写真はやっぱり表紙が一番お気に入りです! ちょっと色気があって、えっちな雰囲気というか(笑)。あとは、お風呂に浸かってるシーンもえっちで魅力的だなって思います!」と見どころをアピールしている。

 なお「ミスiD2020」TOKYO ブラックホール賞を受賞した駒(元・藤宮
コマチ)のデジタル写真集『BEYOND』も同時発売される。

 ふぇりすみにょんデジタル写真集『ラスト・バケーション』は講談社より発売中。価格は1000円(税別)。

関連記事(外部サイト)