今夜スタート『危険なビーナス』 妻夫木聡の前に“謎の美女”吉高由里子が現れる

今夜スタート『危険なビーナス』  妻夫木聡の前に“謎の美女”吉高由里子が現れる

日曜劇場『危険なビーナス』第1話場面写真(C)TBS

妻夫木聡が16年ぶりにTBSの連続ドラマで主演を務め、相手役に吉高由里子を迎える日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系/毎週日曜21時)が今夜スタート。第1話では、正義感が強く、ウソのつけない独身獣医師・手島伯朗(妻夫木)の前に謎の美女・楓(吉高)が姿を現し、人間の欲望が渦巻く壮大な謎解きが幕を開ける。

 作家・東野圭吾の同名小説を実写化する本作は、とある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる争いに巻き込まれる、壮大な謎と人間の欲望が絡み合う“危険”なラブサスペンス。共演にはディーン・フジオカ、染谷将太、中村アン、戸田恵子、小日向文世、麻生祐未、斉藤由貴ら実力派が顔をそろえ、脚本は『グランメゾン東京』の黒岩勉が務める。

 第1話では、美女にめっぽう弱い獣医師・伯朗の前に、謎の美女・楓が現れる場面からスタート。楓を信じていいのか、疑ったほうがいいのか困惑顔を見せる伯朗をよそに、謎めいた雰囲気を漂わせながらもキュートさあふれる吉高の姿が魅力的。一見素気なさそうな中に優しさと誠実さが垣間見られる妻夫木の演技も見どころだ。

 さらに、なんと言っても、矢神家一族が勢ぞろいするシーンの絵力は圧巻。ディーン、戸田、麻生のほか、池内万作、安蘭けい、田口浩正、堀田真由、そして使用人役の結木滉星まで、どのキャラクターも怪しさあふれる佇まいで登場。今後、伯朗と楓の前にどう立ちはだかってくるのか、期待が高まる。

【第1話あらすじ】
 ある日、いつものように動物病院で診察をしていた伯朗(妻夫木聡)。そこに「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、弟・明人(染谷将太)が失踪したことを聞かされる。さらに楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかという。

 親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族だ。伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後は一族と疎遠になっていた。一方、矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと楓は訴える。

 もう矢神家とは関わらないと決めていたが、困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう。そこには昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)をはじめとした一族の面々が顔をそろえていた。伯朗と楓が調べを進めていくと、一族の不穏な動きが次々に浮かび上がってくる。
 
 そんな中、伯朗は楓と行動を共にするうちに、捉えどころのない不思議な魅力に惹かれていく。その様子を察した動物病院の助手・蔭山元美(中村アン)は、伯朗に忠告するが…。
 
 日曜劇場『危険なビーナス』は、TBS系にて今日10月11日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

関連記事(外部サイト)