TVアニメ『怪物事変』2021年1月スタート PVでキャラボイス初公開

TVアニメ『怪物事変』2021年1月スタート PVでキャラボイス初公開

アニメ『怪物事変』キービジュアル(C) 藍本松/集英社・「怪物事変」製作委員会

「ジャンプSQ.」(集英社刊)で連載中の『怪物事変』がテレビアニメ化され、2021年1月より放送されることが決定。アニメPVでキャラクターボイスが初公開された。

 藍本松による漫画『怪物事変』は、血を持たぬ鬼“屍鬼(クーラー)”と人間の間に生まれた半妖の少年・夏羽(かばね)が、オカルト専門の探偵をしている化狸の隠神と出会い、不可思議な運命に誘われていく物語。

 監督は『劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段』や『映画 かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』などを手掛けた藤森雅也。シリーズ構成を『ガンダムビルドダイバーズ』の木村暢が、キャラクターデザイン・総作画監督を立花希望が務め、アニメーション制作は亜細亜堂が担当する。

 今回解禁されたPVでは、作品を彩るメインキャラクターである、夏羽(藤原夏海)、織(花江夏樹)、晶(村瀬歩)、隠神(諏訪部順一)、ミハイ(小野大輔)、紺(花守ゆみり)、飯生(花澤香菜)、野火丸(下野紘)の8人のボイスがお披露目されている。

 PVと併せて、「ジャンプSQ.」にて紹介してきたキャラクター設定が、アニメの公式サイトでも公開された。

 古来よりこの世の影に潜み、人に見つからぬよう、人と関わり合って生きる“怪物(けもの)”という存在。彼らの多くは人間の世界に適応し、社会に交じり生活していた。しかし現代では、人と必要以上に深く関わろうとするケースが多数報告されるようになっていた。探偵事務所を営む隠神は、そんな“怪物”たちが起こす怪事件を追い、片田舎のとある村で夏羽という少年に出会う。

 テレビアニメ『怪物事変』は、2021年1月より放送。

関連記事(外部サイト)