ライアン・ゴズリング、デヴィッド・リーチ監督とアクション映画でタッグ

ライアン・ゴズリング、デヴィッド・リーチ監督とアクション映画でタッグ

ライアン・ゴズリングがデヴィッド・リーチ監督とタッグ!(C)AFLO

『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングが、『アトミック・ブロンド』や『デッドプール2』で知られるデヴィッド・リーチ監督と、80年代のドラマシリーズを基にしたアクション映画でタッグを組む事が分かった。

 The Hollywood Reporterによると、80年代に放送された人気ドラマシリーズ『俺たち賞金稼ぎ!!フォール・ガイ』を基に映画化されるという。同作は、リー・メジャース演じるハリウッドのスタントマンが、賞金稼ぎとして活躍する様子が描かれ、5シーズン放送された。

 映画では、ライアンとリーチ監督がプロデューサーも務め、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』でリーチ監督と組んだドリュー・ピアースが脚本を手掛けるという。

 リーチ監督はスタントの分野でも活躍しており、これまでスタントデザインやスタントマンとして、『マトリックス』シリーズや『ボーン』シリーズなど、多くの作品に携わった経歴の持ち主。

 ハリウッドでは、これまで本作の映画化を何度も試みてきたものの、なかなか実現しなかったそう。今回、MGMとライオンズゲート、ソニー・ピクチャーズやユニバーサル・ピクチャーズが映画化権を巡って争い、ユニバーサル・ピクチャーズが獲得した。映画館での公開を条件にしており、ストリーミングサービスはこれに参加していなかったとのこと。

 ライアンは、クリス・エヴァンスと共に、Netflixの『The Gray Man(原題)』に出演することも明らかになっている。また、ユニバーサル・ピクチャーズの有名なモンスター映画『狼男』のリメイク版に出演することも決まっている。

関連記事(外部サイト)