精鋭ダイバーとレスキュー隊による奇跡の救出劇 『THE CAVE』“緊迫”の場面カット公開

精鋭ダイバーとレスキュー隊による奇跡の救出劇 『THE CAVE』“緊迫”の場面カット公開

映画『THE CAVE(ザ・ケイブ) サッカー少年救出までの18日間』メイン写真(C)Copyright 2019 E Stars Films / De Warrenne Pictures Co.Ltd. All Rights Reserved.

2018年にタイで起きた洞窟遭難事故での決死の救出劇を映画化した『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』より、精鋭ダイバーとレスキュー隊らの姿を写し出す緊迫の場面写真が公開された。

 2018年6月、タイ・チェンライの洞窟に立ち寄った地元サッカーチームの少年12人とコーチは、豪雨による急な増水で洞窟の奥深くに閉じ込められてしまう。「救助は100%不可能」と言われながらも、事故発生から18日目に少年たちは奇跡的に生還。救出劇の裏には何があったのか?

 報道では決して目にすることができなかった増水し危険な洞窟内部と、ダイバーたちによる命がけの救助の一部始終を、タイ・バンコク出身のイギリス人映画監督トム・ウォーラーが緊迫と感動のドラマに仕上げている。

 遭難のきっかけは、チームメイトの誕生日を祝うために入った洞窟内が、雨季の豪雨で水位が大幅に上がったこと。脱出不能となった少年たちの救出には、洞窟の専門家の協力のもと、タイ警察、タイ海軍の精鋭タイ・シールズや米英豪などの軍隊、そして世界中から経験豊富なケイブ・ダイバー(洞窟潜水士)が駆けつけた。救出チームのサポートや炊き出しなど、地元住民やボランティアも一丸となった。本作は、少年たちの尊い命をつなぐため、現場で尽力したさまざまな立場の人々の群像劇でもある。

 6月23日に閉じ込められ、7月2日にようやく13名の生存を確認。しかし彼らの救出までにはさらに時間を要し、高度な技術を有するダイバーですら命を失いかねない洞窟ダイビングが強いられる中、どうやってダイビングの経験すらない少年たちを救出するのか…。洞窟内は複数の箇所で完全に水没。穴の高さが1メートルにも満たない場所すらある過酷な状況での前代未聞の救出作戦は、困難を極めた。事故発生から18日後の7月10日になってようやく、全員無事に救助された。しかし、タイ人ダイバーが酸素不足で亡くなるなど、壮絶な救出劇となった。

 解禁された場面写真では、その決死の救出劇の様子を垣間見ることができる。関係者に綿密なリサーチを行い、洞窟内部を忠実に再現。実際に救助にあたった世界屈指のダイバーたちにも出演してもらうなど、当時全世界が固唾をのんで見守った少年たちの救出劇が再現されている。

 映画『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』は、11月13日より全国公開。

関連記事(外部サイト)