『ドラ恋』出演・坂口風詩、20歳になった大人のグラビアで“いい女っぷり”披露

『ドラ恋』出演・坂口風詩、20歳になった大人のグラビアで“いい女っぷり”披露

『週刊プレイボーイ』44号(集英社)グラビアに登場する坂口風詩(C)笠井爾示/週刊プレイボーイ

ABEMAで放送中の『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss On The Bed〜』(『ドラ恋』)に出演する坂口風詩が、17日発売の『週刊プレイボーイ』44号(集英社)のセンターグラビアに登場。20歳になった彼女が大人のグラビアを披露している。

 2000年6月・福島県生まれの坂口は、フリーペーパー『美少女図鑑』福島版モデルになったことをきっかけに芸能界デビュー。ヤングジャンプ「制コレ18」ファイナリストやJR東日本「TYO」イメージキャラクターになり、ABEMA『ドラ恋』への出演が話題に。

 色白美肌が魅力の坂口は、20歳になった大人のグラビアを披露し、「今回の週プレでは、髪も切ってハタチになった新しい私を撮影していただきました。見どころは、少し大人の私です(笑)。是非、誌面でご覧ください」とアピールしている。

 同号では、深田恭子が表紙&巻頭グラビアに登場するほか、森日菜美、あまつまりな、葉月つばさ、森咲智美がグラビアに登場する。

関連記事(外部サイト)