ベビーフェイスが魅力の葉月つばさ、ねこに扮した“つばさキャット”で過激ショット

ベビーフェイスが魅力の葉月つばさ、ねこに扮した“つばさキャット”で過激ショット

『週刊プレイボーイ』44号(集英社)グラビアに登場する葉月つばさ(C)栗山秀作/週刊プレイボーイ

グラビアアイドルの葉月つばさが、17日発売の『週刊プレイボーイ』44号(集英社)に登場。ベビーフェイスから繰り出される大胆ショットでブレイク中の彼女が、ノラねこに扮した“つばさキャット”で過激に魅了する。

 1998年6月16日生まれの22歳、青森県出身。この夏発売されたファースト写真集で話題を呼んだ葉月だが、グラビアのみならず、イラストレーターや脚本家などマルチに活動中。

 今回は、カメラマン・栗山秀作氏との“共作”ともいうべきグラビアで、過激な“つばさキャット”になって同号のグラビアに登場したほか、同時リリースのデジタル写真集『つばさキャット/黒編』『つばさキャット/白編』で、“つばさキャット”が、見初められ、連れて帰られ、飼い猫となるまでのストーリーをそれぞれ各100ページにわたって掲載している。

 同号では、深田恭子が表紙&巻頭グラビアに登場するほか、『ドラ恋』(ABEMA)に出演で話題の坂口風詩がセンターグラビア、森日菜美、あまつまりな、森咲智美がグラビアに登場する。

関連記事(外部サイト)