安野モヨコ『鼻下長紳士回顧録』ブロードウェイでミュージカル化 世界公演も目指す

安野モヨコ『鼻下長紳士回顧録』ブロードウェイでミュージカル化 世界公演も目指す

『鼻下長紳士回顧録(下巻)』コミックス書影(C)Moyoco Anno/Cork

安野モヨコによる漫画『鼻下長紳士回顧録』がニューヨークでミュージカル化されることが決まった。ブロードウェイでの上演を手始めに、世界公演も目指す。

 日本のコンテンツを原作として英語によるミュージカルを企画開発・製作するメモワール・オブ・ジェントルメン有限責任事業組合によるプロジェクトが、このほどニューヨークでスタート。第1作として本作が選ばれ、ブロードウェイ上演に続いて世界公演も目指す。既に作曲家による曲作りが始まっており、現在は脚本家の選定が進行中。演出、振付を手がけるのは、ミュージカル『モダン・ミリー』でトニー賞振付賞を受賞し、ブロードウェイやロンドンのウェストエンドで活躍するロブ・アシュフォード。

 『鼻下長紳士回顧録』は、20世紀初頭のパリを舞台に、売春宿で働く1人の女性が明日への希望を紡ぎ、生きる喜びを発見する物語。祥伝社「FEEL YOUNG」にて2013〜18年に連載され、今年の文化庁メディア芸術祭の優秀賞を受賞した。

 売春宿で働くコレットは、訪れる“変態”的な欲望を抱えた紳士たちを相手に、出口の見えない生活を送っていた。彼女の唯一の幸せは、どうしようもなく引かれてしまうヒモ男・レオンとの逢瀬(おうせ)の時間。たとえ、彼がコレット以外の女のもとへ通っているとしても…。

 原作者の安野は「この度は、日本の漫画原作として、初めてのブロードウェイミュージカル化を目指すプロジェクトに、『鼻下長紳士回顧録』が選ばれ、大変光栄に思います。元々、自分が好きだった20世紀初頭のパリを舞台とし、日本で描いた作品が、アメリカでミュージカル劇となり、多くの人を魅了するかもしれないと思うと、改めてマンガというものの可能性に気づかされるとともに、少しだけ不思議な気持ちになります。作品の世界観がどのように現実化するのか、楽しみにしております」とコメント。

 演出を手がけるアシュフォードは、原作について「この作品は、とにかく美しい。登場人物は力強く鮮やかで、ストーリーは驚きの連続です。主人公のコレットは、絶望的な現実をノートに記し、自分を救う物語として書き換え、自らを救おうとする。そこには『自分の人生は自分で切り開くしかない』という、現代において素晴らしい教訓があります。この物語の時代や設定はとてもミュージカルに向いています。作品が持つ様々な魅力が合わさった結果、素晴らしいミュージカルになると確信しています」と語っている。

関連記事(外部サイト)