名作『市民ケーン』誕生の壮絶な舞台裏! D・フィンチャー『Mank/マンク』予告解禁

名作『市民ケーン』誕生の壮絶な舞台裏! D・フィンチャー『Mank/マンク』予告解禁

映画『Mank/マンク』12月4日よりNetflixにて独占配信開始

俳優ゲイリー・オールドマンが主演を務め、デヴィッド・フィンチャーが監督を務めるNetflix映画『Mank/マンク』より、主人公マンク(オールドマン)を取り巻く個性豊かなキャラクターが次々に登場し、複雑で怪しげな人間ドラマを予感させる予告編と、マンクら登場人物がゆがんだ絵画のように変貌し、ただごとではない展開を示唆する衝撃的なキービジュアルが解禁された。

 本作は、オーソン・ウェルズ監督・製作・主演の名作映画『市民ケーン』(1941)の脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツを主人公に描く、実話を基にした物語。『セブン』『ファイト・クラブ』のデヴィッド・フィンチャーが監督を務め、アカデミー賞受賞歴を誇る名優オールドマンが“マンク”ことハーマン・J・マンキ?ウィッツを演じ、のちの名作が生まれるまでの壮絶な舞台裏を描き出す。アマンダ・サイフリッドやリリー・コリンズら実力派女優陣も出演する。

 アルコール依存症に苦しみながらも、社会を鋭く風刺し続けた脚本家マンク(オールドマン)は、のちに不朽の名作となる『市民ケーン』の脚本の仕上げに追われていた。機知と風刺に富んだマンクの視点から、1930年代のハリウッドが新たな角度で描かれる。

 予告編は、1930年代の映画の雰囲気を思い起こさせるモノクロームの映像とレトロなサウンドで構成され、名作誕生に至るまでの紆余(うよ)曲折と、華やかなハリウッド黄金期の光と影が描かれていく。脚本の仕上げに追われるマンクは、さまざまな個性豊かな登場人物たちの介入によって、奇妙で複雑な展開へと向かっていくことが示唆される。果たして、脚本は無事に完成するのか?『市民ケーン』へのオマージュもあらゆる箇所にちりばめられており、同作に対する厚いリスペクトも随所に見られる。

 Netflix映画『Mank/マンク』は、12月4日より独占配信開始。11月20日より一部劇場にて公開。

関連記事(外部サイト)