『ハイキュー!!』大判画集12.24発売 「ハイキュー!!展」ビジュアル&グッズ詳細も

『ハイキュー!!』大判画集12.24発売 「ハイキュー!!展」ビジュアル&グッズ詳細も

『ハイキュー!! Complete Illustration Book 終わりと始まり』古舘春一描きおろしカバーイラスト(表)(C)古舘春一/集英社

漫画家・古舘春一による人気漫画『ハイキュー!!』の初の大判画集『ハイキュー!! Complete Illustration Book 終わりと始まり』が、12月24日発売される。また、12月26日から開催される原画展「連載完結記念 ハイキュー!!展」のビジュアルとグッズの詳細も明らかになった。

 『ハイキュー!!』は、宮城県を舞台に、県立烏野高校バレーボール部に所属する日向翔陽がかつての同部の大エース「小さな巨人」を目指し、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッターの影山飛雄をはじめとした魅力的なキャラクターたちと共に切磋琢磨(せっさたくま)し、成長する姿を描いたスポーツ漫画。2012年より集英社「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し、今年7月完結した。コミックス既刊44巻のシリーズ累計発行部数は4000万部を突破している。

 画集は全400ページ中368ページがフルカラーの豪華仕様。8年半の連載で「週刊少年ジャンプ」本誌やコミックス用に描き下ろされた数々のカラーイラスト原稿を完全収録するほか、描き下ろしイラストも収録。カラー原稿は作者の古舘による解説コメント付きで、古館がブラジルに取材に行ったときのエピソードが読める描き下ろしフルカラールポ漫画も掲載している。

 一方、「連載完結記念 ハイキュー!!展」は、物語の舞台・仙台でこれまで2度開催されたが、東京開催は初。全容は10月26日発売の「週刊少年ジャンプ」47号で発表される。東京会場では、テレビアニメで熱演した声優たちによる音声ガイドも初登場。日向、影山をはじめとした総勢8名のキャラクターが、数々の熱戦をライブ感たっぷりに振り返る。

 古舘が本展覧会のために描き下ろした東京会場公式ビジュアルも公開された。日向、影山に加えて、宮侑&宮治兄弟、孤爪研磨や木兎光太郎など個性派ライバルが勢ぞろい。全国制覇を懸けて熱き戦いを繰り広げた舞台である東京会場にふさわしい公式ビジュアルとなっている。

 開幕前にひと足先に見られるプレビューデイは10月26日から抽選受付を開始。来場者には「プレビューデイ限定来場記念品」が会場にてプレゼントされる。11月14日からの一般発売では通常券のほかに「排球箱(ハイキュー!!ボックス)」(メモ帳&ステッカーセット)といったオリジナルグッズ付きチケットも販売。さらに、会期中には、来場者特典として曜日変わりで「描きおろしクリアカード」をプレゼントする。

 『ハイキュー!! Complete Illustration Book 終わりと始まり』は12月24日発売。定価4300円(税別)。「連載完結記念 ハイキュー!!展」は、東京・渋谷ヒカリエ「ヒカリエホール」にて12月26日〜2021年1月17日開催。

関連記事(外部サイト)