『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』石田彰が熱演 PVで猗窩座のバトルシーン公開

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』石田彰が熱演 PVで猗窩座のバトルシーン公開

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』第3弾キービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

大ヒット公開中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』より、炎柱・煉獄杏寿郎(※)と、上弦の参の鬼・猗窩座(あかざ)の戦いをイメージした新ビジュアルや、2人の戦いを含む最新映像が満載されたPVが解禁。さらに、猗窩座や煉獄家の声を務めるキャストも発表されたほか、猗窩座役を務める石田彰のコメントも到着した。

 吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の劇場版アニメとなる本作は、昨年9月末に放送されたテレビアニメ最終話「新たなる任務」で、主人公の竈門炭治郎とその仲間たちが乗り込んだ“無限列車”を舞台に、強敵・魘夢(えんむ)との戦いが描かれる。

 併せて解禁されたPV映像は、煉獄と猗窩座の死闘を中心に、映画の最新映像を映したもの。アニメーション制作を手掛けるufotableによって描かれた、ハイクオリティかつ手に汗握るような映像の数々がスピーディーに展開していく。

 公開された第3弾となる新ビジュアルは、炎柱・煉獄杏寿郎と「上弦の参」と呼ばれる鬼・猗窩座の戦いをイメージしたもので、横には「心を燃やせ」というコピーが添えられている。この迫力あふれるビジュアルは、10月31日より全国の各劇場にて見ることができる。

 さらに今回、劇場版で初めて登場する新キャラクター、そして彼らに声を吹き込む豪華声優陣も一挙公開。テレビアニメに登場した下弦の伍・累(るい)や、本作に登場する下弦の壱・魘夢を凌駕する強大な力を持つ鬼、上弦の参・猗窩座役には、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの渚カヲル役をはじめ、多数の人気キャラクターを務める石田彰。

 杏寿郎の父・煉獄槇寿郎(しんじゅうろう)には、人気アニメ『名探偵コナン』の毛利小五郎役で知られる小山力也。杏寿郎の母・煉獄瑠火(るか)役には、『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』のヒカリ役や『BLACK LAGOON』のレヴィ役を演じた豊口めぐみ。そして、杏寿郎の弟・煉獄千寿郎(せんじゅうろう)には、マーベルの『アベンジャーズ』シリーズでスパイダーマン/ピーター・パーカー役を務めた榎木淳弥。

 猗窩座役の石田は、本作への参加について「台本を拝見した時から、善悪はともかく、猗窩座は一本筋が通ったキャラクターであることは間違いないと感じていました。そして猗窩座だけではなく、煉獄も筋が通ったキャラクターです。その筋の違いでぶつかっている。その対比が面白いなと思っていました。是非、映画館で作品をお楽しみいただけると幸いです」とコメント。

 そしてこのたび、本作の公開御礼舞台挨拶が10月31日に開催されることも決定。当日は主人公・竈門炭治郎役の花江夏樹、煉獄杏寿郎役の日野聡、猗窩座役の石田彰の3名がゲストとして登壇し、全国の映画館へ生中継も行う。

 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は現在公開中。

※「煉」の正式表記は「火+東」

関連記事(外部サイト)