谷口悟朗×中島かずき『バック・アロウ』2021年1月より2クール連続放送

谷口悟朗×中島かずき『バック・アロウ』2021年1月より2クール連続放送

TVアニメ『バック・アロウ』キービジュアル第2弾(C)谷口悟朗・中島かずき・ANIPLEX/バック・アロウ製作委員会

『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズなどを手がけた谷口悟朗、『天元突破グレンラガン』シリーズ構成などを手がけた中島かずきによるオリジナルテレビアニメーション『バック・アロウ』が、2021年1月から2クール連続で放送されることが決定。併せて最新キービジュアルが公開された。

 リンガリンドは壁に囲まれた世界。壁がその地を覆い、守り、育み、育てた。壁は神―それがその大地、リンガリンドの根幹である。ある日、リンガリンド辺境の地「エッジャ村」に謎の男「バック・アロウ」が現れる。アロウは記憶を失っているが、自分が「“壁の外”からやってきた」ことだけは分かるという。記憶を取り戻すために壁の外を目指すアロウだったが、自身をめぐる争いに巻き込まれていく。

 最新キービジュアルには、主人公バック・アロウに加え、本ビジュアルにて初公開となるブライハイトが描かれている。

 ブライハイトとは、「バインドワッパー」という腕輪を装着することによって、その人が持つ「信念」が具現化=機装顕現(きそうけんげん)したもの。そのデザインは、『マクロス』シリーズや『ガンダム』シリーズのプラモデルボックスアートを手掛ける天神英貴が担当。さらに数多くのロボットアニメーションに参加しているアニメーター・山根理宏をCGアクションスーパーバイザーに迎え、見応えあるアニメーション映像を作り上げる。

 このブライハイトは早速フィギュア商品化も決定しており、11月6〜8日にBANDAISPIRITSが主催してオンライン開催されているイベント「TAMASHII NATION 2020」にて商品展示が行われている。

 同イベントでは、谷口監督とシリーズ構成・脚本の中島の出演によるスペシャルトーク番組や、作品の最新情報も配信されている。さらに、「ROBOT魂<SIDE BH>ムガ」をはじめとした12の商品や「ROBOT魂<SIDE BH>ムガ」の巨大立像が展示される。

 アニメ『バック・アロウ』は、2021年1月より2クール連続で放送。

関連記事(外部サイト)