『極主夫道』第5話 “龍”玉木宏、行方不明 江口の悪だくみに雲雀、動く

『極主夫道』第5話 “龍”玉木宏、行方不明 江口の悪だくみに雲雀、動く

日曜ドラマ『極主夫道』第5話場面写真(C)読売テレビ

俳優の玉木宏が主演し、女優の川口春奈と俳優の志尊淳が共演する日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第5話が今夜放送される。第5話では、妻・美久(川口)と別居状態になってしまった龍(玉木)が行方不明に。龍を天雀会に戻すための江口(竹中直人)の悪だくみを知った雲雀(稲森いずみ)は、美久(川口)に会いに行く。

 本作は、極道から転身した史上最強の主夫の奮闘を描く、仁義なきヒューマン任侠コメディー。玉木が伝説の元極道の主人公・龍を、川口が龍の妻でキャリアウーマンの美久を、志尊が足を洗った龍を慕っている元舎弟・雅を演じ、滝藤賢一、古川雄大、玉城ティナ、橋本じゅん、稲森いずみ、竹中直人らが共演する。監督は、ドラマ『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』などの瑠東東一郎。

 別居状態になってしまった龍と美久。美久の仕事が、元極道の夫がいることでダメになってしまうかもしれないことを知った龍は、自分が美久のそばにいてはいけないのではないかと迷う。そんな矢先、龍が交通事故に遭う。

 一方、龍がいなくなったと向日葵(白鳥玉季)から聞かされた美久は帰宅するが、龍に電話をかけても留守番電話になるだけだった。向日葵は美久に「ママに愛想をつかせて出ていったんでしょ」と言い、龍をしばらくそっとしておくことを勧める。美久は留守番電話に龍へのメッセージを入れるが、折り返しの連絡は来ない。

 江口は、龍を天雀会に戻すための次なる作戦を思いつく。向日葵に龍を嫌いになるようなことを吹き込んで、龍と美久を別れさせるというのだ。雅(志尊)は、あまりにも大人げない江口にあきれるばかり。江口の企みを知った田中(MEGUMI)は怒り、向日葵を全力で守ると息巻く。

 天雀会と火竜町婦人会の間に、またしても緊張が高まる中、雲雀は江口の様子がおかしいと察し雅を問い詰める。迫力に負けて雅がすべてを白状すると、雲雀は雅を連れて美久に会いに行く。

 美久は雲雀と雅に、龍が行方不明になっていることを打ち明けると、雅は美久に「俺が必ず見つけてきます!」と言い、必死で龍を捜し始め…。

 ドラマ『極主夫道』第5話は、読売テレビ・日本テレビ系にて11月8日22時30分放送。

関連記事(外部サイト)