『危険なビーナス』第5話 “伯朗”妻夫木聡&“楓”吉高由里子、康治殺害の阻止に動く

『危険なビーナス』第5話 “伯朗”妻夫木聡&“楓”吉高由里子、康治殺害の阻止に動く

日曜劇場『危険なビーナス』第5話場面写真 (C)TBS

妻夫木聡が主演を務め、吉高由里子が共演する日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系/毎週日曜21時)第5話が今夜放送。第5話では、伯朗(妻夫木)と楓(吉高)が康治(栗原英雄)殺害を阻止するための作戦を実行する。

 動物病院で勤務中の伯朗のもとに差出人不明の手紙が届く。そこには「今夜、康治が殺される」と書かれていた。楓、元美(中村アン)とランチにいくことになった伯朗は、2人にその手紙のことを話す。誰かのイタズラと軽く考えている伯朗に対し、楓と元美は「誰かが康治さんを殺そうとしていて、誰かがそれを止めようとしている」と推理する。

 一方、矢神家では波恵(戸田恵子)が19時に親族を集めて“開かずの間”を開け、遺産を再確認することを決めていた。禎子(斉藤由貴)の遺品もあるため、波恵は伯朗にも来てほしいという。そんな中、遺産を全て手に入れるため康治の殺害を企てる祥子(安蘭けい)は、今夜一族が“開かずの間”を確認中に計画を実行することを君津(結木滉星)と杏梨(福田麻貴)に宣言する。

 夕方、矢神家を訪れた伯朗と楓は、康治の無事を確認する。育ての親・康治に対する複雑な思いを吐露した伯朗に対し、楓は康治殺害計画を阻止する作戦を提案。楓はベッドの下に潜り込み、伯朗は親族がそろう部屋へ向かう。

 やがて、“開かずの間”を開ける時刻が近付き…。

 作家・東野圭吾の同名小説を実写化する本作は、とある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる争いに巻き込まれる、壮大な謎と人間の欲望が絡み合う“危険”なラブサスペンス。共演にはディーン・フジオカ、染谷将太、中村アン、戸田恵子、小日向文世、麻生祐未、斉藤由貴ら実力派が顔をそろえ、脚本は『グランメゾン東京』の黒岩勉が務める。

 日曜劇場『危険なビーナス』第5話は、TBS系にて11月8日21時放送。

関連記事(外部サイト)