“驚異の顔面偏差値”立野沙紀、自然体のビキニショット 初のソロカレンダー

“驚異の顔面偏差値”立野沙紀、自然体のビキニショット 初のソロカレンダー

『立野沙紀2021カレンダー』解禁カット

秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」の劇団員で、“驚異の顔面偏差値”として話題の立野沙紀が、自身初のカレンダー『立野沙紀2021カレンダー』を発売。笑顔のビキニ姿など収録カットが公開された。

 応募総数約5000人の中から選ばれ、2017年より「劇団4ドル50セント」に所属し、女性メンバーでは25歳と最年長でありながら、その年齢を感じさせない童顔で"驚異の顔面偏差値"と注目を集める立野。舞台やドラマだけでなくグラビアやバラエティ番組への出演も急増中で、10月には音楽バラエティ番組『音ボケPOPS』(TOKYO MX)に新レギュラーとして加入し、今月は話題の漫画『左ききのエレン』の初舞台化作品に出演するなど、今後も女優業を中心にマルチな活躍が期待されている。

 そんな立野が2021年版カレンダーを発売。卓上カレンダー仕様の本作は、今年9月に千葉県・九十九里浜にて撮影され、水着からワンピース、浴衣まで、立野の魅力が存分に詰まった、ファン必見の内容となっている。

 おススメとして赤・ピンク・水色のカラフルなビキニを着たショットを挙げている立野は、「撮影している時に水鉄砲で遊んでいたので、一番自然な笑顔になっていると思います!」とコメントしている。

 なお、12日には、購入者対象の「ネットサイン会」がインスタグラムにて配信される予定。

 『立野沙紀2021カレンダー』は発売中。価格は2750円(税込み)

関連記事(外部サイト)

×