北村匠海、小松菜奈、吉沢亮ら、愛犬とのキスショットも 『さくら』メイキングカット公開

北村匠海、小松菜奈、吉沢亮ら、愛犬とのキスショットも 『さくら』メイキングカット公開

映画『さくら』メイキング写真(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

俳優の北村匠海、吉沢亮、女優の小松菜奈が兄弟妹役で共演する映画『さくら』より、長谷川家の面々を演じたキャスト陣と愛犬サクラを演じたミックス犬ちえとのメイキングカットが解禁された。

 直木賞作家・西加奈子の同名小説を実写化する本作は、サクラと名付けられた1匹の犬と5人の家族の愛の物語。長谷川家の兄弟妹を北村、吉沢、小松、母を寺島しのぶ、父を永瀬正敏が演じるほか、彼らと出会う女性キャラクターには、小林由依(櫻坂46)をはじめ、水谷果穂、山谷花純というフレッシュな顔ぶれがそろった。

 音信不通だった父が2年ぶりに家に帰ってくる。長谷川家の次男・薫は、その年の暮れに実家へと向かった。けれど兄の一(ハジメ)の姿はない。薫にとって幼い頃からヒーローのような存在だったハジメは、2年前亡くなった。そしてハジメの死をきっかけに家族はバラバラになり、その灯火は今にも消えそうだ。

 そのつながりをつなぎ止めるかのように、薫は幼い頃の記憶を回想する。それは、妹・美貴の誕生、サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋…長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々。やがて、壊れかけた家族をもう一度つなぐ奇跡のような出来事が、大みそかに訪れようとしていた。

 解禁されたメイキングカットからは、撮影現場のアイドルだったというミックス犬のちえが、北村や小松、吉沢、永瀬といった長谷川家の面々に撮影の合間もかわいがられている様子がうかがえる。中でも、ちえは永瀬と吉沢になついていたようで、永瀬に抱きついてキスをするなど、甘えた姿も見せている。

 映画『さくら』は11月13日より全国公開。

関連記事(外部サイト)