『アラフェス2020』の舞台裏&新アルバム制作を追う 嵐ドキュメンタリー最新話配信

『アラフェス2020』の舞台裏&新アルバム制作を追う 嵐ドキュメンタリー最新話配信

Netflixにて全世界独占配信中『ARASHI’s Diary ‐Voyage‐』第18〜20話 

嵐に密着取材したNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary ‐Voyage‐』の第18話「11月3日へ」が11月20日17時、第19話「NINO'S Diary」と第20話「7年振りの国立競技場」が11月30日17時に、Netflixにて全世界独占配信される。

 第18話「11月3日へ」では、最新オリジナルアルバム『This is 嵐』のリリース、無観客での開催となった『アラフェス2020 at 国立競技場』のライブPart1&Part2の配信、さらに、そのライブへの前段として生配信でファンと楽しむ“嵐会”の準備など、CDデビューから21年がたつ11月3日を、より“特別”な日にすべく、全力でこの日へ向かう5人の姿を追う。

 第19話「NINO’s Diary」は、メンバーの個性と人となりに迫るソロエピソードの二宮回。「僕は二宮和也」という本人ナレーションによる導入から始まり、自らの運転で生まれ育った地元を巡り当時の情景をナビゲートするシーンでは、Jr.時代、同じ電車でレッスン場へ通った“総武線”チームの盟友・相葉雅紀と風間俊介が駆けつける。

 そして、作詞作曲、編曲、演奏までを一人で手掛ける彼の楽曲制作についても取り上げ、その才能にも迫る。「友達がいなかったから(笑)」と、一人で全ての楽器を演奏するようになった経緯を語り、嵐ライブのテッパン曲である「ファイトソング」「エナジーソング」の制作秘話、震災後すぐに作り始めたというソロ曲「どこにでもある唄。」への思いなど、当時のデモ音源も披露しながら、熱く語り倒す。

 第20話「7年振りの国立競技場」では、彼らが「断腸の思い」で延期し、そして無観客での実施を決断した『アラフェス2020 at 国立競技場』の様子が描かれる。Part.1とPart.2、それぞれ内容の違う2つのライブ、そのリハーサル、本番収録に密着。“嵐のエンターテインメント”がどれほどの覚悟と思いで作られているか、その舞台裏に迫る。

 Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary ‐Voyage‐』は、Netflixにて、第18話「11月3日へ」が11月20日17時、第19話「NINO'S Diary」と第20話「7年振りの国立競技場」が11月30日17時、全世界独占配信。

関連記事(外部サイト)