「ジュノンボーイ」グランプリに中学3年生・前川佑さん 先輩・溝端淳平も絶賛

「ジュノンボーイ」グランプリに中学3年生・前川佑さん 先輩・溝端淳平も絶賛

「第33回ジュノン・スーパーボーイコンテスト」グランプリを受賞した前川佑さん クランクイン!

数多くの人気俳優を輩出してきた「第33回ジュノン・スーパーボーイコンテスト」の最終選考会が22日、都内にて開催。北海道出身の14歳、中学3年生の前川佑さんがグランプリを受賞した。

 これまで武田真治、袴田吉彦、伊藤英明、小池徹平、三浦翔平、犬飼貴丈、菅田将暉ら数多くのスターを世に送り出してきた同コンテスト。コロナ禍の影響を鑑み「読者リモート審査員」制度を導入した今年は、応募総数1万7158人から選ばれた14名の最終候補者がグランプリの座を競った。

 最終選考会のMCはずんの飯尾和樹が務め、ゲスト審査員としてゆきぽよ、第19回目のグランプリを受賞した溝端淳平も出席した。

 第2次審査「告白」では、告白相手役に選ばれステージに上がったゆきぽよ。「すごく贅沢ですよね。人生で一番のモテキが来ますね」と楽しみにしていたが、1人目、関隼汰さんからの告白を受けたあとには「これあと14回続くの!?心臓もたない!」と悶絶していた。

 その後、イケメンたち14人に次々と告白を受け、第2次審査を終えたゆきぽよは「日本で一番幸せです」とご満悦。「たぶん明日めっちゃかわいいよ」と告白による副作用も予感していた。

 すべての審査を終え、見事グランプリに選ばれたのは14歳・中学3年生の前川さん。トロフィーを受け取ると「ここまで応援してくれた方々にありがとうございますと伝えたいです」と感謝。「みんなかっこいいので、結構自信があったのですけど、グランプリをとれるのかなって不安になってしまうくらいでした」と審査を振り返った。

 選考会終了後の囲み取材にも応じた前川さんは、多くの報道陣を前に中学生とは思えない堂々たる振る舞い。グランプリに選ばれる自信があったことを明かした前川さんについて、溝端は「すごい努力もきっとされてきたんだろうし、こんなに堂々と向き合えるというのは本当にすごいこと。14年前の自分と比べると全然違いますね」と前川さんを称賛。ジュノン・ボーイの先輩としてアドバイスを求められても「アドバイスはないです。逆にこっちが学ばせていただくことが多い」と感心しきりだった。

関連記事(外部サイト)