川島海荷、友人・新井郁との初仕事に笑顔「ずっと楽しみでした」

川島海荷、友人・新井郁との初仕事に笑顔「ずっと楽しみでした」

舞台『PINT』囲み取材に登場した(左から)新井郁、川島海荷 クランクイン!

女優の川島海荷と新井郁が24日、都内で舞台『PINT』の稽古・囲み取材に出席。川島は、友人である新井と挑む2人舞台に「今回一緒にお芝居させてもらえるのが、すごくうれしいし、ずっと楽しみでした」と白い歯を見せた。

 川島が新井に持ち掛けたことで企画がスタートし、脚本・演出にオークラを迎えた本作は、2人の女性がさまざまなシチュエーションで繰り広げる会話劇を描く。およそ1時間の公開稽古では、レストランでの恋バナや、舞台の内容についての相談など、随所にユーモアを感じさせる会話が展開。『鬼滅の刃』など、実在の漫画に言及するシーンもあった。川島と新井は、オークラの指導のもと、それぞれのシチュエーションに合わせた会話のテンポづくりを重視して稽古を行っていた。

 稽古後、囲み取材に応じた川島は「友達ではあったんですけど、一緒にお仕事をしたことがなくて。彼女の舞台を何回か見させていただいて、すごく魅力的な女優さんだなと思っていたので、今回一緒にお芝居させてもらえるのが、すごくうれしいし、ずっと楽しみでした」とニッコリ。また「オークラさんが書いてくださる脚本も、設定自体が友達として進んでいく。でも、合ったり合わなかったりするズレが生じていくというので、普段の私たちにもそういうところがちょっとあるのかなあと思いながらも、楽しく稽古させていただいています」と語った。

 稽古をする中で感じた、新井の役者としての魅力を聞かれた川島は「冒頭に長せりふがあるのを聞いていて、私は舞台でそんなに長せりふを言ったことがなくて、『頼もしいな』というか。そこから始まるのは、私も心強いなって思いました」と言い「負けないようにじゃないですけど、『ちゃんとついていこう!』っていう感じの気持ちになりましたね」とコメント。新井は「会話劇なので、常に海荷と会話をしようとすればするほど、噛み合わなくなってきたりとか、逆に合うときはすごくばっちり合ったりとか。予測ができなくて、新鮮です」と共演を楽しんでいる様子だった。

 舞台『PINT』は、浅草九劇にて12月3日〜12月6日に公演(全8公演)。

関連記事(外部サイト)