坂口健太郎主演『劇場版シグナル』来年4月公開 特報&ポスター&追加キャスト発表

坂口健太郎主演『劇場版シグナル』来年4月公開 特報&ポスター&追加キャスト発表

『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』ポスタービジュアル(C)Studio Dragon&ASTORY

俳優の坂口健太郎が連続ドラマ初主演を務めた、2018年放送のサスペンスドラマを映画化する『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の公開日が、2021年4月2日に決定。併せて特報とポスタービジュアル、追加キャストが一挙公開された。

 韓国のヒューマンサスペンスドラマ『シグナル』を基に、謎の無線機が“現在”と“過去”の二人の刑事をつなぎ、共に未解決事件を解決していく姿を描いた2018年放送のドラマ版。その劇場版となる本作は、オリジナルストーリーによる新作で、連続ドラマの後のエピソードが描かれる。

 坂口が、謎の無線機で“過去”に生きる刑事と通信しながら、未解決事件を解き明かそうと奮闘する“現在”の刑事・三枝を演じ、劇場版では初の本格アクションに挑戦する。

 そしてこの度、坂口演じる三枝をとりまく、ドラマシリーズのキャスト続投と劇場版ならではの豪華キャスト陣を発表。続投は、時代を超えて三枝の相棒となる、“過去”に生きる熱血刑事・大山役を演じる北村一輝。三枝が所属する警視庁・未解決事件捜査班の班長であり、大山のかつての後輩で想いを寄せる桜井役の吉瀬美智子。そして木村祐一、池田鉄洋、青野楓が、ドラマ版に引き続き、劇場版にも出演。三枝と協力し、脅威のバイオテロと巨大な陰謀に立ち向かう。

 さらに、劇場版からの新キャストとして、警視庁刑事部長・青木潤基役で伊原剛志、警視庁公安部長・山崎聡士役で田中哲司、内閣情報調査室次長・三谷宗久役で杉本哲太、内閣官房長官・板垣真二郎役で鹿賀丈史、女性ジャーナリスト・小泉ミチル役で奈緒の出演が決まった。過去に事故として片づけられた事件の謎に挑む三枝たちにどう関わるのか、政府や警視庁など、複雑に絡み合う人間関係が展開する。

 併せて解禁された30秒の特報映像では、2021年と2009年という時代を超え、それぞれの時代で事件解決に奮闘する三枝と桜井、大山の姿が。過去を変えたことで現実も変わっていく先の読めない展開に仕上がっているとともに、車の爆破や坂口のアクションシーンなど、劇場版ならではのスケールの大きさにも期待が高まる。

 『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』は2021年4月2日全国公開。

<コメント全文>

■坂口健太郎
北九州にロケに行ったり、東京でも大規模な撮影をしたりと、大変なシーンも多かったですが、撮影を重ねるたびに、キャストやスタッフの方々との結束力が高まって、とても充実感のある日々でした。
連続ドラマから、スペシャルドラマ、映画と続いていますが、原作の韓国ドラマのクオリティの高さはリスペクトしつつ、僕や北村さん、吉瀬さんをはじめとしたキャストで新しいストーリーをオリジナルでできたことは大きな喜びでした。
北村さんとは、ドラマの撮影中は、僕が連続ドラマ初主演だったこともあって、不安なことをたくさん相談したりもしていたのですが、その時に、北村さんの内面や、大山巡査部長というキャラクターを一回吸収したので、今回の撮影では、ほとんどお会いすることができませんでしたが、顔と顔を向き合わせて話さなくても通じている安心感がありました。
吉瀬さんは変わらずとてもキュートな方で、連続ドラマを撮り終わって、約2年半くらい経ちますが、今回撮影でお会いした時も久しぶりだと感じないくらい、自然体でいることができました。
橋本監督は、いつもとても楽しそうに撮影されていました。僕がチャレンジしたいことなども話やすい雰囲気を作って下さって、そういう環境でお芝居できるというのは、とてもありがたかったです。

■北村一輝
映画では、大山だけ、過去の時代の設定で、ほぼ撮影は一人という、孤独な戦いでしたが、
それが「シグナル」の良さであり、そこも含めて楽しめました。
何より、2〜3年ぶりに同じスタッフが集まり、「シグナル」で再び大山役を演じることができて嬉しかったです。
僕が演じる大山は現在パートの皆さんに会えるのか…劇場版を楽しみにご覧ください。

■吉瀬美智子
アクションもあって大変な撮影でしたが、今から完成した映画を観るのがとても楽しみです。
シリアスなシーンもありますが、現場は常に和気あいあいとしていて楽しく撮影することができました。
連続ドラマからさらにパワーアップした作品になっていると思いますので、楽しみにしていて下さい。

■伊原剛志
撮影はテンポよく、監督も的確に演出して下さったので、とてもやりやすかったです。
僕は物語のカギを握る役なので、思慮深い人物に見えるよう心掛けました。
坂口さんとは、初めて一緒にお芝居をさせて頂きましたが、気持ちいいくらい自然に臨んできてくれたので、良いシーンになっていると思います。

■奈緒
撮影はとても緊張しましたが、坂口さんと吉瀬さんと一緒のシーンからスタートで、お二人の雰囲気がとても柔らかかったので、安心して撮影に臨むことができました。
坂口さんが演じた三枝は、殺伐とした警察の中で、ピュアな信念を持ち続けている人なので、まっすぐな志をもっているミチルともリンクする部分があり、惹かれ合って、信頼関係を築いていく姿が印象的でした。
撮影は3日間だったのですが、アクションシーンに挑戦したのも初めてで、とても思い出に残る撮影になりました。
私が劇場版からの参加ですが、「シグナル」ファンの方も、劇場版からご覧になる方も、絶対に楽しめる作品になっていると
思いますので、是非、劇場で楽しんでください!

関連記事(外部サイト)