香取慎吾「テレ東は初心に帰る場所」 中井貴一からバトンタッチ

香取慎吾「テレ東は初心に帰る場所」 中井貴一からバトンタッチ

月曜22時ドラマ枠バトンタッチ・セレモニーでの(左から)『共演NG』主演の中井貴一、新ドラマ『アノニマス』主演の香取慎吾(C)テレビ東京

俳優の香取慎吾が、民放ドラマ5年ぶりの出演となる主演ドラマ『アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』(テレビ東京系/2021年1月より毎週月曜22時)のバトンタッチ・セレモニーに登場。現在放送中で、本日12月7日に最終回を迎える『共演NG』主演の中井貴一からバトンを受け、「テレ東は初心に帰る場所」とコメントした。

 セレモニーが行われたのは『共演NG』で何度も登場したテレビ東京のタレントロビー。2人はかつて舞台でも共演したことがあり、終始笑いの絶えない、和気あいあいとした雰囲気に包まれたセレモニーでは、香取からは「お疲れさまでした」と“アノニマス”カラーの花束が中井へ贈呈された一方、中井からは香取へ『共演NG』グッズなどがプレゼントされた。

 続いて行なわれたメインイベントであるバトンタッチ・セレモニーでは、バトン代わりに、局内にあった一番バトンに近いフォルムをしたテレビ東京の“バナナ社員ナナナ”でバトンタッチを実施。笑顔でポーズを決める2人だったが、中井は「ちょっと古いでしょ!? それを新しいセレモニーのように言うのが…これがテレビ東京だと思ってもらったら、それがいいと思います!」とポツリ。その後の写真撮影でも、「これ古ッ…デジタルな時代ではないよ」と苦笑いをする一幕もあった。

 民放ドラマへの出演は5年ぶり、テレビ東京ドラマへの出演はなんと33年ぶりとなる香取は、「もうホントに嬉しいです! 連続ドラマをやらせてもらえる時がまたこうやってくるとは思ってもいなかったので」と感慨深げ。

 一方で、「お芝居が苦手で緊張するんですけど、その苦手な思いを作ったのもテレビ東京なんです(笑)」と秘話を披露。「(33年前は)日比谷線で神谷町駅からテレビ東京に向かうのがもうイヤで! 学校と両立していたので、日によって『今日は学校行くのつまんないからテレビ東京来て楽しいな』とか。『今日は学校に行きたいのに(テレ東に)来てるからスタジオ行くのイヤだな』っていうのも思い出すので、本当に初心に帰る場所ですね」とその理由を明かした。

 そして、本日7日に最終回、次週に特別編の放送を控える『共演NG』主演の中井は、「みんなのノリが、今から30年ぐらい前のテレビ界にいる感じがするんですよね。そういう意味ではワクワクしながら覚悟を持ってやるべきだと思います」と、香取にアドバイスした。

 ドラマ『共演NG』最終回は、テレビ東京系にて本日7日22時放送(10分拡大)。『アノニマス 〜警視庁“指殺人”対策室〜』は2021年1月より毎週月曜22時放送。

関連記事(外部サイト)

×