『ソウルフル・ワールド』特別動画公開 ジェイミー・フォックスが“ジョー目線”でストーリー解説

『ソウルフル・ワールド』特別動画公開 ジェイミー・フォックスが“ジョー目線”でストーリー解説

映画『ソウルフル・ワールド』メインビジュアル(C)2020 Disney/Pixar. (C)2020 Disney and its related entities

ディズニー&ピクサーの最新アニメ映画『ソウルフル・ワールド』より、オスカー俳優ジェイミー・フォックスが登場する特別動画が解禁された。動画の中でジェイミーは、自身が演じるジョーの目線でストーリーを解説している。

 解禁された特別映像は、ジョーを演じるオスカー俳優ジェイミーの「準備はいいかい?」という掛け声でスタート。学校の先生で、ミュージシャンで、メンターでもあるジョーの複雑キャラクターを紹介していく。ピアノの腕前やファッションセンスなど、ジョーの魅力を絶賛するが、その後、彼は劇中で「少々ややこしい状況」になってしまう。

 本作の見どころのひとつである<ソウル>の世界と、そこでジョーが出会う女の子、“22番”(ティナ・フェイ)との関係にも言及。ジョーは、いつまでも生まれ変わろうとしない“22番”に地球は生きる価値があるところだと説得するが、ジェイミーは「簡単にいかない」と漏らす。

 「ジョーは22番に人生の素晴らしさを教えてあげるんだ。22番に人生のきらめきを見つけられるよう手助けしてあげる。2人はとても面白い関係性だよ」と語るジェイミー。本作に込められた“人生の大切なもの”という作品のメッセージについては、「世界は今癒しを求めていて、僕らは喜びとは何かを忘れつつある。お互いを助けて支え合うときにこそ、この映画を見てくれることを願っているよ」と、“魂”を揺さぶるファンタジー・アドベンチャーへの思いを明かした。

 本作は、『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』で2度のアカデミー賞に輝いたピート・ドクター監督が手掛ける映画最新作。《もしも生まれる前に“どんな自分になるか”を決める場所があったとしたら?》というテーマに、“本当の自分”についての問いかけを、コミカルでエッジの効いた<ソウル>たちの活躍とともに軽やかに描く。

 映画『ソウルフル・ワールド』はディズニープラスにて12月25日17時より独占配信。

関連記事(外部サイト)