GACKT、ROLANDのホストクラブ閉店で真っ先に連絡「大丈夫か」

GACKT、ROLANDのホストクラブ閉店で真っ先に連絡「大丈夫か」

「G&R」プロジェクト 発表会に登場した(左から)ROLAND、GACKT クランクイン!

アーティストのGACKTとホストで実業家のROLANDが16日、都内で行われた「G&R」プロジェクト発表会に出席。ROLANDの経営していたホストクラブが閉店した際、GACKTが真っ先に連絡を入れたことが明かされた。

 「G&R」は、共に“一流”と称されるGACKTとROLANDが発足した、女性を一流にするためのプロジェクト。イベントでは、“一流”の女性のために2人がプロデュースを手がけた第1弾商品のドレスなどがお披露目された。また発表会には、GACKTから“一流を知る女性”としてその第1弾のディレクターに任命された伝説のキャバクラ嬢・門りょうも出席した。

 GACKTは、ROLANDと共に行う同プロジェクトについて「彼と出会ったのがずいぶん前なんですけれども、なにか2人で面白いことができないかなとプライベートでかなり話していて、アイデアを出しつつ。大人の事情も絡みながら、組み上げに結構時間が掛かったんですよね」と経緯を説明。続けて「今の元気のない世の中に、かなりエネルギーを届けられるんじゃないかなという思いでこのタイミングで発表させていただくこととなりました」と語った。

 ROLANDの印象を聞かれると「初めて会った時もそうでしたけど『お前面白いやつだな』というところからスタートして、終始笑顔にさせてくれる」と回答。さらに「初めて会ったその日に、別れるのがもどかしいという風に思わせてくれたことがうれしくて。年下にこういう風に思わせられるんだなというのを本当に久しぶりに感じたので、弟のように僕が彼を慕っています」と親しい間柄であることを明かした。

 またROLANDは、自身が経営していたホストクラブが今年閉店したことに触れ「今年の夏くらいに閉店のニュースがあったと思うんですけど、真っ先に連絡をくれて『大丈夫か』って気遣ってくれた」とGACKTから連絡があったことを告白。「メディアだけを見ると厳しい印象の方なのかもしれないですけれど、温かみだったり人情だったり、そういうところも含めて本当に頼りがいのある兄であり父でもあるのかなという頼もしい存在です」とGACKTへの想いを打ち明けた。

 最後に、一流になりたい人に向けてメッセージをリクエストされたGACKTは「自分のことを一流と思ったことは一度もないんですよね。足りないところもたくさんありますし、もっとやれたんじゃないかとかもっと上を目指せるんじゃないかという思いがいつもあります。一度や二度うまくいったからといってそれが自分のものになることってなかなかないんですよね。小さなことでも繰り返し繰り返し自分の体に入るまで、辛い思いしてそれでも頑張って笑っていこうってやっていったその先に見える景色があるんじゃないかなって、そう思っています」とコメントし、イベントを締めくくった。

関連記事(外部サイト)