井上真央、ド迫力・爆発ヘアの室井滋と一触即発? 『大コメ騒動』本編&場面カット公開

井上真央、ド迫力・爆発ヘアの室井滋と一触即発? 『大コメ騒動』本編&場面カット公開

映画『大コメ騒動』場面写真(C)2021「大コメ騒動」製作委員会

女優の井上真央が主演を務める映画『大コメ騒動』より、井上演じる主人公のおかか(女房)が、おかかたちのリーダー・おばば(室井滋)に米不足の窮状を訴える場面を収めた本編映像と場面写真が解禁された。

 102年前の1918(大正7)年、富山県の貧しい漁師町で起こった「米騒動」。本作は、日本の女性が初めて起こした市民運動といわれるこの騒動で、活躍したおかか(女房)たちにスポットを当てて描くエンターテインメント作品。主人公・松浦いと役を井上が務め、おかかたちのリーダーのおばば役に室井滋、いとの姑役に夏木マリなど豪華女優陣が集結。さらに、立川志の輔、西村まさ彦、柴田理恵、左時枝など、富山県出身の俳優たちが数多く出演する。メガホンを取るのは、井上とは映画『ゲゲゲの鬼太郎』(2007年)以来2度目のタッグとなる、富山出身の本木克英。

 解禁された映像は、3人の子どもを育てながら働きづめの女性・いと(井上)が、子どもたちに満足に米を食べさせられない窮状を、町のおかかたちのリーダー的存在である清んさのおばば(室井)に訴えるシーン。過去にいとが軽はずみな行動を起こしたことから、いとを良く思っていないおばばは「オラのこと呼びつけるなんて、百年早い! 何様やね! 口ばっかしで、自分の手を汚さないヤツが一番嫌だー!」とまくし立てる。そんなおばばに対し、いとは「シベリア出兵が始まります。そうなったら、米の値段はますます上がります。その前に何とか手を打たんと」と必死に訴える。ド迫力の爆発ヘアと顔面で弾丸トークを繰り出すおばば役の室井の熱演ぶりに、思わず圧倒されてしまう場面となっている。

 富山出身でもある室井は、本作の撮影を振り返り「ロケのために久しぶりに富山に長くいられるかなと思っていたら、案外あっという間で、金歯の装着とかいろんなことにやっと慣れてスムーズになってきたところで、もう終わりなんだと思うと、ちょっと寂しかったです。でも、いいですね、一揆!」とコメント。

 場面写真は、同シーンでいと(井上)とおばば(室井)が、強い目力で互いを見つめる姿をそれぞれ切り取ったもの。おばばに言われっぱなしでも決してくじけない、いとの芯の強さが伝わってくる表情が収められている。

 映画『大コメ騒動』は2021年1月8日より全国公開。富山県では1月1日より先行公開。

関連記事(外部サイト)

×