“チェリまほ”俳優から、演技未経験で大抜てきの17歳まで 「2021年ブレイク期待の俳優たち」

“チェリまほ”俳優から、演技未経験で大抜てきの17歳まで 「2021年ブレイク期待の俳優たち」

(左から)奥平大兼、赤楚衛二、井之脇海 クランクイン!

新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るい、誰もが生活を抜本的に変えざるを得なくなった2020年。気持ちが沈むような状況が続く中、ドラマ、映画業界ではさまざまな才能が輝き、視聴者に希望を与えた。年が明け2021年、次なる大ブレイクが期待できる俳優は誰だろう? 今回は、今年注目したい俳優を5人を紹介しよう。

■ “チェリまほ”ヒットで人気急上昇 赤楚衛二

 1人目が“チェリまほ”で話題沸騰中の赤楚衛二だ。“チェリまほ”とは深夜ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)の愛称で、豊田悠による人気同名BLコミックの実写化。同作で赤楚は、童貞のまま30歳を迎えたことで「触れた人の心が読める魔法」を手に入れてしまう主人公を熱演。彼の仕草や行動がSNSを中心に話題に。YouTubeで期間限定公開中の同作の第1話は300万回再生を突破するなど、一気に注目俳優へと躍り出た。

 そのほか今年は浜辺美波、北村匠海らと共に主演を務めた映画『思い、思われ、ふり、ふられ』が8月に公開され、その翌月には『映像研には手を出すな!』、11月には『ヤウンペを探せ!』と、出演映画が次々と公開。2021年もこの勢いは止まりそうになさそうだ。

■ 演技未経験から大抜てき 長澤まさみの“息子”で存在感を発揮 奥平大兼

 2人目に紹介するのが奥平大兼(だいけん)。現在17歳の彼が芸能界入りしたのは、中学1年のときに現在の事務所のスカウトされたのがきっかけ。

 その後、映画『MOTHER マザー』のオーディションを受け、演技未経験にも関わらず、祖父母を殺してしまう少年・周平役に抜てきされた。このときについて、奥平はクランクイン!のインタビューで「中学生の頃には、今の自分(映画デビュー)を全く想像していませんでした」と振り返っている。

 しかし、長澤まさみ、阿部サダヲ、夏帆ら演技派がひしめく中、スクリーン上では新人と思えない存在感を発揮し、その名を知らしめることとなった。そのほか、ドラマ『恋する母たち』(TBS系)においては、吉田羊演じる林優子の息子、林大介役を好演。2021年はさらに活躍の場を広げることだろう。

■ 子役から朝ドラ、大河と着実にステップアップ 井之脇海

 3人目に紹介したいのは、子役からキャリアを積み重ねている井之脇海。2010年の映画『告白』、2017年のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』、一昨年のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』など、多くの話題作に出演し、若手実力派として知られる。

 2020年は、フジテレビ開局60周年特別企画『教場』を皮切りに、石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)や、主演ドラマ『ハルとアオのお弁当箱』(BSテレ東)、映画『サイレント・トーキョー』、Netflixオリジナルドラマ『呪怨:呪いの家』など、幅広いジャンルの作品に出演。どのような役柄でも自分のものにし、唯一無二の存在感を発揮する。2021年は、1月スタートの宮藤官九郎脚本の金曜ドラマ『俺の家の話』(TBS系)のほか、2月5日公開予定の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』、4月9日公開予定の『砕け散るところを見せてあげる』が現時点で待機する。まだまだ出演作が増えるのは確実、楽しみな1年となりそうだ。

■ 『ルパパト』でおなじみ 話題作に続々出演 結木滉星

 結木滉星は、すでに2018年のスーパー戦隊シリーズ『快盗ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系)や、2017年の舞台『ハイパープロジェクション演劇ハイキュー!! “進化の夏”』に出演し、幅広い層のファンに注目されている。

 2020年は日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系)にレギュラー出演したほか、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系)、『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)といった話題ドラマに出演。また、雑誌『CMNOW』の恒例アワード「読者の選ぶCM大賞2020」では菅田将暉、吉沢亮といった人気俳優に次ぐ3位にランクイン。永野芽郁と共演したアサヒ飲料「カルピスウォーター」のCMなど、お茶の間でおなじみになりつつある。

 2021年には、佐々木蔵之介と藤野涼子が親子役で共演する連続ドラマ『ミヤコが京都にやって来た!』(朝日放送ほか)への出演が決定している。

■ 話題作『今際の国のアリス』で確かな存在感 桜田通

 桜田通は10代から俳優活動をスタートし、2006年にはミュージカル『テニスの王子様』に主演。さらに2008年には『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』において野上幸太郎役で主演を務めるなどキャリアを重ねてきた。

 そんな桜田は昨年、Netflixオリジナルシリーズ『今際(いまわ)の国のアリス』に出演。この話題作で、山崎賢人演じるアリスと土屋太鳳演じるウサギを追い詰めるニラギ役を演じ、確かな存在感を放った。そのほか昨年は『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』(読売テレビ・日本テレビ系)、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)などに出演。また俳優業の傍ら、音楽にも注力しており、自身の出演作の主題歌やオリジナル楽曲を披露する恒例イベント、通称“サクフェス”を毎年開催している。

 2021年は1月スタートの馬場ふみか主演ドラマ『3Bの恋人』(テレビ朝日系)に、相手役の1人、バーテンダーのヨシ役としての出演することが決定している。

 コロナ禍という厳しい状況下は依然続くが、そんな中でもエンタメ業界はさまざまな話題を提供してくれることだろう。多種多少なキャリアを有する個性派5人の動向に注目だ。(文:安保有希子)

関連記事(外部サイト)