永野芽郁、初特攻服で地上最強のOL目指す バカリズム脚本『地獄の花園』5月公開

永野芽郁、初特攻服で地上最強のOL目指す バカリズム脚本『地獄の花園』5月公開

永野芽郁主演、映画『地獄の花園』ティザービジュアル(表/裏)(C)2021『地獄の花園』製作委員会

女優の永野芽郁が特攻服姿でバトルを繰り広げるOL役で主演を務める、バカリズム脚本の映画『地獄の花園』が5月に公開されることが決定。特報とティザービジュアルが解禁された。

 真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたち。花園のようにも見える華やかな彼女たちの職場では、実は裏で、なんと拳(こぶし)で地獄のような派閥争いが行われていたー。日本中のOLたちが抗争を繰り広げる様を描く本作のオリジナル脚本を手掛けたのは、お笑い界の鬼才・バカリズム。その世界観を、Perfume 、サカナクション、星野源のMVを手掛けてきた関和亮監督が唯一無二の映像美で表現する。

 特報は、主人公の直子(永野)がごく普通のOL生活を送る姿からスタート。続いて、そんな平穏な様子から一変し、職場の裏で特攻服を着たOL達が熾烈な派閥争いを繰り広げている場面に。さらに黒い日傘をさし、両脇には裸にサスペンダー姿の色男を携えバラの花びらを浴びる艶やかな謎の女(※総務部)も登場。

 謎が謎を呼ぶ中、抗争はさらに激化し、腹パン、飛び蹴り、傷だらけの女など、仁義なき“地獄の花園”の世界が映し出されていく。最後はOL制服姿の永野が「寝言こいてんじゃねえよ、ブス!」とカメラに向かって暴言を吐き、その直後「カット」の声がかかると「今ので大丈夫ですか?」と笑顔で確認するキュートな姿で締めくくられている。

 ティザービジュアルは2種類。1枚目は、ピンクの特攻服を肩に掛けて不敵な表情を見せる永野の姿を捉えたもの。2枚目は、OLの制服姿で可憐な笑顔を浮かべる永野を写したものとなっている。

 主人公・直子を演じる永野は「ごく普通のOLライフに憧れる直子という役を演じておりますが、“なにを言っているんだろう”と思ってしまうほど暴言も吐いています」と役柄を説明。自身にとって初となる特攻服に身を包み、本格的なワイヤーアクションを駆使した“肉弾戦アクション”を披露しているが「特攻服を着てみたかった」「着ると“自分強いな”と自信がつく!」と新たな挑戦への喜びを笑顔で語った。

 続けて「普段の生活ではなじみのない言葉なので、イントネーションや言葉の吐き捨て方など、合っているのか全くわからず(笑)。そういう点では苦労しましたね。撮影現場はずっと笑いが絶えなかったですし、監督・スタッフそして他の出演者の方みんなで面白い作品になるよう一生懸命頑張りました」と撮影を振り返り、「きっと今までに見たことのない私をお見せできると思いますし、今までにない大きな作品になっていると思いますので、楽しみに待っていてください」とメッセージを寄せている。

 脚本を担当したバカリズムは、本作について「今回、『女性のヤンキーものを書いて欲しい』というオファーを頂き、最初は女子高生のバイオレンスな話を書いていたのですが、もっと非現実的でバカバカしくするために関監督に『設定をOLしませんか?』と提案したところ、『面白いですね!』と乗って頂き、そこから関監督の演出でより壮大なバカバカしい映画になりました。これまで関監督とはいろんな作品でご一緒させて頂いていますが、一番バカバカしさに振り切った笑える作品になっていると思います」と語っている。

 映画『地獄の花園』は5月全国公開。

関連記事(外部サイト)