今夜スタート『君と世界が終わる日に』 竹内涼真×中条あやみ、恐怖のゾンビサバイバル

今夜スタート『君と世界が終わる日に』 竹内涼真×中条あやみ、恐怖のゾンビサバイバル

新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』Season1 第1話場面写真(C)日本テレビ

俳優の竹内涼真が主演を務め、女優の中条あやみが共演するドラマ『君と世界が終わる日に』Season1(日本テレビ系/1月17日より毎週日曜22時30分)の第1話が今夜放送。ゾンビだらけの世界で、竹内演じる青年・間宮響の壮絶なサバイバルが始まる。

 本作は、地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる本格ゾンビ作品。プロポーズ前日、トンネル滑落事故に遭い閉じ込められてしまった青年・間宮響が、変わり果てた世界で恋人の来美を探しながらゾンビの脅威に立ち向かう。日本テレビ×Hulu の共同製作ドラマとして、1月より日本テレビ系にてSeason1が放送され、全10話で1度完結。その後、3月よりHuluにてSeason2全6話が配信される。

 どんな状況でも諦めず、死と隣り合わせの終末世界を生き抜くたくましいサバイバー・間宮響を竹内、ヒロインで響の恋人・小笠原来美を中条あやみが演じる。そのほか、笠松将、飯豊まりえ、マキタスポーツ、安藤玉恵、キム・ジェヒョン、横溝菜帆、大谷亮平、笹野高史、滝藤賢一らが出演する。

 三浦半島の南端に位置する三浦市。その日、自動車整備工の響(竹内涼真)は、同棲中の研修医の恋人・来美(中条あやみ)にプロポーズするつもりだった。しかし、職場に向かう途中で謎のトンネル崩落事故に巻き込まれ、閉じ込められてしまう。

 数日後、なんとかトンネルを脱出した響が目にしたのは、不気味に荒廃した街を占拠し、生き血を求めて人間を食らう“生ける屍”のような化け物たち。響は急いで自宅アパートに戻るが、荒らされた部屋に来美の姿はなかった。

 生存者を探す響が近くの消防署にたどり着くと、同級生で警察官の等々力(笠松将)に会い、噛み付かれることで伝染する“謎の感染症”がパンデミックを起こしていることを聞く。消防署には、等々力の上司・本郷(大谷亮平)、女子大生・佳奈恵(飯豊まりえ)など、複数の人間が身を寄せていた。

 救助に来るはずだった避難所とは昨日から音信不通になっていたが、それでも来美が避難所にいると信じる響。極限状態の中でついに夜が訪れると、化け物たちが凶暴化。包囲された響たちは、避難所を目指し危険な脱出を開始する。

 愛する人にもう1度会うため、“世界イチ諦めの悪い男”響の死と隣り合わせの壮絶なサバイバルが始まる。

 新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』Season1は、日本テレビ系にて1月17日より毎週日曜22時30分放送。Season2は、Huluにて3月より配信。

関連記事(外部サイト)

×