柏木由紀「アイドルとしてやり続ける」 30歳を迎える節目に7年5カ月ぶり新曲CDをリリース

柏木由紀「アイドルとしてやり続ける」 30歳を迎える節目に7年5カ月ぶり新曲CDをリリース

「重大発表記者会見」を開催した柏木由紀

AKB48の柏木由紀が、19日、都内で「柏木由紀 重大発表記者会見」と銘打った記者会見を開催。キングレコードへのレーベル移籍と3月3日にCDとしては7年5ヵ月ぶりとなるニューシングル「CAN YOU WALK WITH ME??」をリリースすることを発表した。

 30歳までAKBを卒業しないと宣言し、今年30歳を迎える柏木は、「努力し続けて、皆さんに届ける、そしてアイドルとしてやり続ける、これが私の今後の目標として、アイドルとしてやって行きたいという夢ですし、できることかなと思っています。30歳を迎える節目の年に、柏木由紀のソロとしての作品を皆さんにお届けしたい」とコロナ禍に考えたという自身の今後への決意を明かした。

 2013年ソロデビュー、継続的にソロコンサートを開催。昨年末は自身初のディナーショーを成功させたが、2018年12月に配信限定シングルのリリースはあったものの、7年5ヵ月ぶりとなるCDのリリースに「こうやって”重大発表”として会見を開かせていただいたこともあり、なんとか成功させなきゃいけないなとプレッシャーも感じておりますが、新たな”デビュー”という気持ちで一生懸命やっていきたいと思います。」と語った。

 新曲ではあらたなプロデューサーとして、BiSH、豆柴の大群、BiS、EMPiRE等の女性アイドルグループが多数所属し、その独自のプロデュース手法が業界内でも話題沸騰の株式会社WACK代表取締役の渡辺淳之介氏を迎えることを発表し、会見にも登場。

 昨年5月に2人はラジオで対談。プロデュースの話があがったものの、当人同士も”話ネタ”だと半信半疑ではあったのだが、対談から1年たらずというスピードで実現。柏木は「私はちょっと渡辺さんの顔色伺ってます!笑 色々なところでお話されているところや、怒っているところとかも見ていたので、めちゃくちゃドキドキしてました(笑)でも優しく的確に教えてくださったりとか、自分にない一面を引き出してくれたるので、すごく楽しくやらせていただいています。」と語り、渡辺氏は「さすが14年間トップを走ってきている”王道アイドル柏木由紀”を見させてもらっているという印象。僕が手掛けるアイドルは邪道なので(笑)、柏木さんを見て、改めてこうした方がいいと伝えたりと、勉強させてもらっています。」とお互いの印象を語った。

 すると渡辺氏が「僕のプロデュースチームにはいろんな仲間がいて、ちょっと、サプライズで呼んでみました」と呼び込みこんだのはクロちゃん(安田大サーカス)。くろちゃんは、”豆柴の大群”のデビュー時にプロデューサーとなり、現在はアドバイザーを務めており、渡辺氏とは盟友。

 クロちゃんのサプライズ登場に「呼んでない!(笑)」と絶叫し苦笑いの柏木に渡辺氏が「この先も我々に柏木さんをお任せいただけるということは、もしかしたらクロちゃんのプロデュースも・・・」と匂わすと、「えーーーー!!」と悲鳴を上げる柏木。クロちゃんは「喜びの悲鳴をありがとうございます!」とどこまでもポジティブな様子。

 柏木を「化石アイドル」と表現するクロちゃんは、「これだけ長く続けることはやっぱり難しいことだし、本当に色々な人たちが一生アイドルと言いながらも辞めていってしまう中で、ずっといてくれる存在。大人になっていてもAKB48に入ったばかりの頃の末っ子的なところが残っているのも不思議だし、長く続けて魅せれるのはゆきりんかなと思います。これからも新しい道を切り開いて行って欲しい」と話した。

 会見終わりに渡辺氏は「なによりも一番心配しているのが、”前の方が良かった”と言われることなので、とにかく結果をしっかり出せるように頑張りたいと思っております。これからよろしくお願いいたします。」とコメント。柏木は「7年5ヵ月ぶりにソロシングルを出せるということで本当に嬉しく思っています。そして、今回は渡辺淳之介さんプロデュースということで、AKB48のファンの方にも、柏木由紀のファンの方にも、またWACKを応援している方、それ以外の方にも本当にたくさんの方々に届けたい楽曲となっています」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)