『青のSP』第4話 “隆平”藤原竜也、“三枝”山田裕貴と盗撮事件を捜査

『青のSP』第4話 “隆平”藤原竜也、“三枝”山田裕貴と盗撮事件を捜査

火9ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』第4話場面写真(C)カンテレ

俳優の藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)第4話が今夜放送。第4話では、学校内で盗撮事件が発生。犯人確保のため、隆平(藤原竜也)は後輩の三枝(山田裕貴)と捜査にあたる。

 体育館の女子更衣室で盗撮カメラが発見される。バレー部顧問の澤田敦子(ちすん)が確認したところ、これまでに撮影された映像は動画サイトに投稿されていたことが分かる。そして、三枝と共に秘密裏に捜査していた隆平は、ある犯人にたどり着く。

 昼休み、校内に他の盗撮カメラがないか探す柴田(泉澤祐希)と涼子(真木よう子)は、男子バレー部の更衣室から3年生部員の菊池京介(鈴木悠仁)が出てくるところに出くわす。京介の表情はどこかぎこちなく、やがて盗撮カメラ事件は予想もしない事態に発展する。

 一方、1年前に亡くなった音楽教師の小川香里(明日海りお)の事件について調べる隆平は、岡部昌浩(遠藤雄弥)という美術教師のことを耳にする。香里とよくもめていたという岡部の存在が気になる隆平は、岡部が学校をやめた原因となった生徒に接触する。

 さらに、隆平の行動に目を光らせ、スクールポリスとして赤嶺中学校に来た本当の目的を探ろうとする涼子に、隆平はこれまで公にされなかった、香里の死にまつわる誰も知らない真実を明かす。

 本作は、学校内に警察官が常駐する「学校内警察(スクールポリス)」制度が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平が、「SNSトラブル」「生徒の薬物疑惑」「盗撮」「セクハラ」など、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。

 ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』第4話は、カンテレ・フジテレビ系にて2月2日21時放送。

関連記事(外部サイト)

×