【映画ランキング】『花束みたいな恋をした』がV3! 『ファーストラヴ』は4位発進

【映画ランキング】『花束みたいな恋をした』がV3! 『ファーストラヴ』は4位発進

2月13日〜2月14日の全国映画動員ランキング1位:『花束みたいな恋をした』(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

2月13〜14日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『花束みたいな恋をした』が、週末土日動員14万4000人、興収1億9900万円をあげ公開から3週連続で首位をキープした。累計では動員97万人、興収13億円超の大ヒットを記録している。

 2位は初登場の『名探偵コナン 緋色の不在証明』が、初週土日動員9万2000人、興収1億2600万円をあげランクイン。本作は、4月16日に公開予定の劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』でキーパーソンとなる赤井ファミリーにスポットを当てたテレビシリーズの特別総集編であり、1年延期になった劇場版への期待の大きさがうかがえる結果となった。

 3位は公開18週目を迎えた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。週末土日動員7万7000人、興収1億2100万円と、まだまだ高い数字を維持している。累計では動員2727万人、興収374億円を突破し、前人未到の400億円まで約26億円に迫った。

 初登場組は、直木賞作家・島本理生のサスペンスを堤幸彦監督で映画化した『ファーストラヴ』が4位、西川美和監督と役所広司がタッグを組んだ『すばらしき世界』が6位にランクインした。

 その他、既存作品では、公開6週目の7位『銀魂 THE FINAL』が累計動員111万人、興収15億円、公開8週目の8位『映画 えんとつ町のプペル』が累計動員149万人、興収20億円、公開8週目の9位『劇場版ポケットモンスター ココ』が累計動員136万人、興収15億円をそれぞれ突破している。

 2月13日〜2月14日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『花束みたいな恋をした』
第2位:『名探偵コナン 緋色の不在証明』
第3位:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
第4位:『ファーストラヴ』
第5位:『樹海村』
第6位:『すばらしき世界』
第7位:『銀魂 THE FINAL』
第8位:『映画 えんとつ町のプペル』
第9位:『劇場版ポケットモンスター ココ』
第10位:『ヤクザと家族 The Family』

関連記事(外部サイト)