【バイプレイヤーズ百名鑑】堀内敬子「普段の私よりも、素敵な姿かも知れません」

【バイプレイヤーズ百名鑑】堀内敬子「普段の私よりも、素敵な姿かも知れません」

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する堀内敬子(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.040 堀内敬子

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第5話で堀内はサスペンスドラマ『わたしの番です』に出演する、マッサージが得意で、卓越した演技力でどんなジャンルの役も揉みしだく女優“堀内敬子”役を演じた。

 『バイプレイヤーズ』シリーズ念願の初登場となった堀内。オファーを聞いた感想を「それはもう嬉しかったです! 役者なら、誰もが憧れる『バイプレイヤーズ』ですよ!? なにがなんでも出演したい!のひと言でした」と明かす。撮影現場を「色々なことを乗り越えて、キャスト、スタッフ、みんなで大切に作り上げてきた作品だということを感じました」と振り返り、自身が演じた本人役については「本人役なのですが、衣装さんが素敵な衣装を用意してくださり、普段の私よりも、素敵な姿かも知れません」と笑い、「今後、本人役なんてないのだろうなぁと、不思議な気分で演じました。素なのか、役なのかどちらでしょう?(笑)」とのコメントを残している。

 初めて体験した『バイプレイヤーズ』の魅力を尋ねると「色々な作品で様々な役柄を演じている俳優達によるお祭りのような作品だと思います。また演者さんが、演者さんから力をもらって、刺激をうけて、そこからまた新しい作品がうまれる、役者さん達のエネルギーの源、そんな作品なのではないでしょうか。ドラマ、映画、是非楽しんで見ていただけたらと思います」と語ってくれた。

★堀内敬子/1971年5月27日東京都生まれ。高校卒業後、劇団四季に入団し『キャッツ』『美女と野獣』などさまざまな名作でヒロイン役を務める。1999年の退団後も『レ・ミゼラブル』『屋根の上のバイオリン弾き』『12人の優しい日本人』など舞台で活躍するほか、三谷幸喜監督映画『THE有頂天ホテル』、ドラマ『CHANGE』(フジテレビ系)、『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系)などに出演。昨年はNHK連続テレビ小説『エール』で好演し、大みそかの『第71回NHK紅白歌合戦』でも美声を披露した。

●『バイプレイヤーズ』第5話プレイバック

 視聴者の「いいね」が少なければ殺されて降板!? 究極のサバイバルゲーム開幕! 5チャンのサスペンスドラマ『わたしの番です』は、毎回殺人ゲームが引き起こされるストーリーと視聴者の考察合戦で盛り上がり、好調だった。しかし、自分がいつ殺されるのか分からず役者たちは終始不安で…。そんな中、主演の原田龍二が殺され、生き残りを懸けた何でもアリのアピール合戦に発展! 仁義なき役者たちの戦いに衝撃的結末が待ち受ける…!

関連記事(外部サイト)