『閃光のハサウェイ』津田健次郎ら新キャスト8名出演決定 限定上映映像&場面写真も

『閃光のハサウェイ』津田健次郎ら新キャスト8名出演決定 限定上映映像&場面写真も

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』キャスト&キャラクタービジュアル(C)創通・サンライズ

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の新たな声優キャストとして、ガウマン役の津田健次郎など8名の出演が発表された。また、松竹マルチプレックスシアターズ限定上映映像がWEBにて初公開。新場面写真も解禁された。

 本作は、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の正統な続編で、宇宙世紀ガンダムシリーズの最新作。第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)終結から12年後を舞台に、地球圏の腐敗に立ち上がった反地球連邦政府組織「マフティー」を率いるマフティー・ナビーユ・エリンにふんするハサウェイ・ノアの物語を描く。

 今回発表された新キャストは、主にマフティーのメンバーを演じる8名。数々の大戦を戦い抜いてきたベテランパイロットのマフティーメンバー、ガウマン・ノビル役に津田健次郎。ハサウェイを迎えにダバオに送られた姉御肌のマフティーメンバー、エメラルダ・ズービン役に石川由依。1ギャルセゾンのキャプテン、レイモンド・ケイン役に落合福嗣。マフティーの支掩船ヴァリアントの副長兼参謀格、イラム・マサム役に武内駿輔。マフティーの諜報員兼オペレーター、ミヘッシャ・ヘンス役に松岡美里。マフティーのドライバーで現地諜報員のミツダ・ケンジ役に沢城千春。ハウンゼン356便の客室乗務員、メイス・フラゥワー役に種崎敦美。マン・ハンターを従える刑事警察機構の長官ハンドリー・ヨクサン役に山寺宏一。

 ガウマン役の津田は、収録について「緊張感を持って臨みました。監督や録音演出のイメージやリクエストと、自分の持つイメージをミックスさせてキャラクターやシーンを立ち上げ、演じさせて頂くのはとても楽しい時間でした」と語っている。

 また今回、松竹マルチプレックスシアターズ系列の映画館にて、幕間で使用されている告知映像が初解禁。一年戦争で出会った宿命のライバル、アムロ・レイとシャア・アズナブル。2人の戦士の意志を継いだ青年ハサウェイ・ノアが今立ち上がる…。ハサウェイが「シャアが起こした反乱も、あの時死んでいった人たちも慰められない…」と涙するシーンや、謎の少女ギギ・アンダルシアやケネス・スレッグ、Ξ(クスィー)ガンダムらモビルスーツの姿も映し出される。

 この映像は、松竹マルチプレックスシアターズの映画館の全スクリーン(一部の上映作品を除く)にて4月15日まで上映予定。

 アニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、5月7日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

×