片岡愛之助、少女漫画誌の編集者に 木南晴夏&竜星涼ら『レンアイ漫画家』追加キャスト発表

片岡愛之助、少女漫画誌の編集者に 木南晴夏&竜星涼ら『レンアイ漫画家』追加キャスト発表

ドラマ『レンアイ漫画家』(左から)竜星涼、片岡愛之助、木南晴夏、岩田琉聖(C)フジテレビ

俳優の鈴木亮平が主演し、女優の吉岡里帆と共演する4月スタートのドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の追加キャストとして、歌舞伎俳優の片岡愛之助、女優の木南晴夏、俳優の竜星涼、子役の岩田琉聖の出演が発表された。

 山崎紗也夏による同名漫画(講談社モーニングKC)を実写化する本作は、鈴木演じる漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・刈部清一郎と、吉岡演じる“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子・久遠あいこのハートフルラブコメディー。

 フジテレビ系連続ドラマ初出演となる愛之助が演じるのは、清一郎の担当編集者・向後達也。清一郎の才能をいち早く見いだして“刈部まりあ”という売れっ子漫画家に育てあげ、長年支え続けている。「少女モーニング」編集部の中でも、唯一、清一郎とコンタクトが取れる存在。元ラガーマンで、元々はスポーツ誌に所属していたが、訳あって少女漫画誌の担当になった。清一郎にとって唯一無二の担当であり、刈部まりあの第一信者でもある。昨今の恋愛事情には少々疎く、自身の経験則と勘に基づくアドバイスは時にちんぷんかんぷんで、空回りすることも。清一郎のスランプを察し、漫画のモデルになるような恋愛を誰かにさせようと提案したが…。

 愛之助は「向後は“刈部くん命!”という人です。刈部くんを世間の目から守り、刈部くんの漫画『銀河天使』のことを一番に考え、そして守り続ける。そのためにいろいろと走り回る姿は滑稽で愛おしいです。少しちゃらんぽらんで、口八丁手八丁みたいなところがあるので、演じていて楽しいです(笑)」と話す。

 木南が演じるのは、「少女モーニング」で連載中の売れっ子少女漫画家・金條可憐。刈部まりあ(清一郎)をライバルとして強烈に意識しており、ベールに包まれたその正体に並々ならぬ関心を抱いている。何かにつけ、まりあへ激しい感情をたぎらせる激情家の可憐だが、常に最先端の流行や情報を収集して取り入れる努力家の一面も。ドラマ後半では、清一郎の大ピンチに暗躍し、清一郎とあいこの関係のカギを握るキーパーソンとなっていく。
 
 木南は「最初に、原作の漫画を読ませていただき、漫画に登場する自分の役のクセが想像以上に強すぎて、驚きました(笑)。難しい役をいただいたなと思いました」とコメント。「派手な役なので、つい明るい雰囲気になりがちになりますが、楽しいときでも“ねっとり”を意識して演じています。また、あいこをひっかき回したりするので、意外と大きな役目を担っています!(笑)」と説明している。

 竜星は、真面目でさわやかな元ラガーマンの好青年で、一流企業に勤務しているエリートサラリーマンの早瀬剛を演じる。吉岡演じるあいこが初めて疑似恋愛ミッションをする相手で、早瀬があいことの朝活デートでみせる胸キュンシーンや、予想外の展開をみせる早瀬とあいこの関係も見どころだ。
 
 『35歳の少女』(日本テレビ系)や昨年公開の主演映画『ぐらんぶる』でクセが強めの役を好演してきた竜星だが、「今回は二枚目の役です(笑)!」と張り切る。視聴者に向けて「王道のキラキラとしたハイブリッドサラリーマンを演じておりますので、ぜひとも、まずは第1話でキュンキュンしてもらえたらなと思います!」とメッセージを寄せた。

 岩田は、最愛の父を亡くし、叔父の清一郎が引き取ることになった小学生・刈部レン役。生まれてすぐ母を失い、シングルファーザーだった父・純と2人で暮らしてきたレンは、人の気持ちをよく察し、おとなしく、大人びた性格。だが、清一郎やあいこと生活を共にするようになり、少しずつその性格にも変化が起きる。一方、レンの存在はコミュニケーションが苦手な清一郎を徐々に変えていくことに…。また、レンのおかげであいこは清一郎の本質を知るようになっていく。

 岩田は、愛之助とも共演した大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)で徳川家康の幼少期・松平竹千代を演じ、“かわいすぎる竹千代”として話題となったことが記憶に新しい。天才子役と呼び声の高い岩田が今作でどのような演技をみせるかにも注目だ。

 木曜劇場『レンアイ漫画家』は、フジテレビ系にて4月より毎週木曜22時放送。

関連記事(外部サイト)