【バイプレイヤーズ百名鑑】利重剛「世間話のついでにセリフも言うって感じで毎日同窓会みたい」

【バイプレイヤーズ百名鑑】利重剛「世間話のついでにセリフも言うって感じで毎日同窓会みたい」

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する利重剛(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.054 利重剛

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。利重は出資元と俳優たちの間で板挟みになりがちな、映画『アウトローの森』監督の“利重剛”役を演じた。

 利重はシリーズ初出演にあたり「大杉漣さんから『ね、ね、利重くん、これちょっと出てくれない?』って声かけられたような気がして、喜んで引き受けました。現場でも自然と漣さんの思い出話がよく出て、なくなってもこんなふうにずっと愛されてるなんて素敵だなあと思いました」と心境を吐露。

 撮影は「そりゃもう楽しかったですよ。知ってる人ばっかりだけどこんな風にいっぱい集まることってないから、話が尽きない、尽きない」と振り返り、「仕事に行ってるのか、世間話をしに行ってるのかわからないくらい。世間話のついでにセリフも言うって感じ。毎日同窓会みたいでした」と笑う。

 実世界同様、俳優で映画監督という役どころとなったが「誰かが僕の衣装見て『それ自前ですか?』って聞いたけど、僕、普段も監督する時もあんなカッコしてませんから(笑)。でもそう言われたってことは、リアリティはあるんですかね(笑)」と語る。

 出演を経て改めて感じた本作の魅力を尋ねると「『存在感』じゃないですかね。画面の隅々まで、味のある人ばっかり詰まってる。それぞれみんな何か必ずやってるから、どこ見ていいかわからない面白さ」だと教えてくれた。

★利重剛/1962年7月31日神奈川県出身。1981年に、自主製作映画『教訓I』がぴあフィルムフェスティバルに入選。その後映画監督として『BeRLiN』が日本映画監督協会新人賞を受賞、『クロエ』がベルリン映画祭に出品されるなど評価を得る。同時に俳優としても数多くの作品で活躍。昨年は映画『朝が来る』『恋恋豆花』、ドラマ『行列の女神〜らーめん才遊記〜』(テレビ東京系)、『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)、『一億円のさようなら』(NHK)、『この恋あたためますか』(TBS系)などに出演。

●『バイプレイヤーズ』第7話プレイバック
 新章突入!民放各局に激震が…。バイプレウッドに朝ドラ&大河ドラマが参戦!? 出演のチャンスだと役者たちは浮き足立ち、熾烈な争いが始まった。そんな中、次々と民放各局の子役が消える謎の事件が発生。子役を探して山奥に踏み入ると、高畑淳子と本田博太郎の不気味な姿が…。そこには、公共放送の恐ろしい陰謀があり…!?

関連記事(外部サイト)

×