シルヴェスター・スタローン、新たな『ロッキー』映画を企画中!

シルヴェスター・スタローン、新たな『ロッキー』映画を企画中!

シルヴェスター・スタローン - Jason Merritt / Getty Images

 シルヴェスター・スタローンが、映画『ロッキー』シリーズの新作を企画していることを、Varietyのインタビューで明かした。

 『ロッキー』(1976)は、フィラデルフィアの下町に暮らす無名ボクサー、ロッキー・バルボアが、世界チャンピオンのアポロ・クリードと対戦することになり、過酷な特訓に身を投じる姿を描いたボクシング映画。大ヒットを記録し、アカデミー賞で作品賞を受賞。ロッキーと同じく無名だったスタローンを、大スターに押し上げた。

 スタローンいわく、新作はアメリカにおける不法移民の問題を取り上げた、タイムリーな作品になるといい、ロッキーが、アメリカで立ち往生している「怒りに満ちた若者」と出会い、ボクシングを通じて彼の人生に影響を与えていくことになるという展開を予定しているとのことだ。

 『ロッキー』シリーズは『ロッキー・ザ・ファイナル』(2006)まで5本の続編が製作され、後年には、アポロの息子アドニスとロッキーの絆を描く『クリード チャンプを継ぐ男 』(2015)が発表。こちらも続編『クリード 炎の宿敵』(2018)が製作されたが、スタローンはさらに違う方向の新作を作る意向のようだ。

 スタローンは、やはり自身の代表作である『ランボー』シリーズ第5弾『ランボー:ラスト・ブラッド(原題) / Rambo: Last Blood』が9月20日より全米公開。メキシコの麻薬カルテルとの戦いを描いた作品になるといわれている。(編集部・入倉功一)

関連記事(外部サイト)