平野紫耀『かぐや様は告らせたい』原作者からの高評価に満面の笑み

平野紫耀『かぐや様は告らせたい』原作者からの高評価に満面の笑み

笑顔がかわいい平野紫耀

 King & Prince の平野紫耀が7日、都内で行われた映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』完成披露舞台あいさつに出席し、原作者の赤坂アカからお墨付きをもらったことを明かすと「嬉しい」と満面の笑みを浮かべた。舞台あいさつには橋本環奈、佐野勇斗、池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、ゆうたろう、河合勇人監督も登壇した。

 本作は、アニメ化もされた赤坂のラブコメ漫画の実写映画化。将来を期待されたエリートたちが通う名門私立校を舞台に、互いに惹かれあうものの「告白したら負け」という思いのもと、意地をはり合う生徒会長の白銀御行(平野)と副会長の四宮かぐや(橋本)がラブバトルを繰り広げる姿を描く。

 これまでも『honey』や『ういらぶ。』といった漫画原作の実写作品に出演してきた平野だが、撮影現場を訪れた原作者の赤坂から「御行とかぐやが、平野さんと橋本さんで良かった」という言葉をもらったと話すと「すごく嬉しかった」と笑顔を見せる。同じく人気漫画の実写化作品に出演する機会が多い橋本も「原作者の先生に良かったと言ってもらえることが一番嬉しいし励みになる」とホッとした表情を浮かべていた。

 またこの日は、恒例(!?)となった平野の天然ぶりが共演者から次々と報告される場面も。橋本は「お会いする前とお会いしたあと、なんら変わらない。テレビで見たまんま」と裏表がないことを強調すると、「自分がセリフを間違えているのに、それに気づかない。わたしたちは間違っていることに気づくので、笑ってしまったりすると『なんで笑うの!』って言うんですよ」とあきれ顔。浅川も「惜しいんですよ」と平野を見つめると「撮影中、寒くてカイロを身体に貼っていたら、平野さんは『ひやがりなの?』って言うんです。寒いと冷たいが混ざっちゃったんですよね」と言い間違いエピソードを披露していた。

 そんな平野だったが、作品にちなんだ「自分だったら告りたいか、告らせたいか」という質問には「僕は自分のなかのルールで、絶対好きな人には告りたいんです。しっかり男からいきたい」と語ると、客席からは拍手が巻き起こる。最後も「キャスト、スタッフが一丸となって、観ている人にいかにキュンキュンしてもらえるかにこだわりました。キュンキュン、感動、笑いが詰まった作品なので、どれか欠けているなと思った方は、ぜひ劇場まで足を運んでください」とビシっと作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は9月6日より全国公開

関連記事(外部サイト)